たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2010年06月21日

武蔵野市安心・安全・環境フェアで>竹とんぼ交流も面白い!


この帽子のおじさん、おばさんたちが活躍している。
任意団体だが「どこ竹武蔵野三鷹」という。

今年に入って、多摩地区で。
なんと、3月には三鷹市立四小で当時の鳩山総理、菅副総理、
仙石大臣らの視察時に、市民の竹とんぼ教室交流を披露した。

20日の日曜日は武蔵野市の武蔵境自動車教習所で開催の
「安心・安全・環境フェアin武蔵境」会場で教室を開催。
東京車人で有名な社会貢献活動にまい進する起業のイベント
に参加しているのだ。


一昨年から、次のような各地で行われている。
立川の都立職業訓練校のフェア、
三鷹の独立法人宇宙航空研究推進機構の公開日
国分寺の旭化成ホームズの街かどへーベル
調布市桐朋学園
調布飛行場
http://dokotakemm-1.at.webry.info/200810/article_3.html
調布市商工会青年部祭り

シニアが元気に活躍し、子育て中の親子世代の交流になるので
一石二鳥の地域貢献になる。

その中心である三鷹市と武蔵野市では小学校やコミュニティセンターで
定例的な教室を年間数十回行って、1000人規模の子どもたちに自分
で竹とんぼを作らせている。

実はこの団体、茨城から埼玉、東京23区、神奈川に中心に支部がある
どこ竹@竹とんぼ教室」。
昨年は横浜開国博で2700人を教える大行事を始めとして13,000人
を教えた200人の講師集団になっている。

内容はボランティア的でCBではないが、基本の材料・道具費は有償で
受託しながら、商店街や科学館、学校と公民館などと連携して活動して
いる。
まだだ部分的な活動なので、多摩の各地でも、地域活性化に活用でき
るモノがあるので連携をされたらと紹介する。

  


  • Posted by すこや  at 03:40Comments(0)スタッフな日々