たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年11月29日

藻谷浩介論に賛同!>わが国「年金介護医療」の最終案

藻谷浩介処方箋新潮社2013/11刊
新潮45 2013//11
別冊特集「新潮75」

老人4千万人時代
どうする超高齢社会

藻谷浩介著
徹底解説
「年金・介護・医療」
危機脱出への処方箋
力作好論・1万3千字

藻谷さんが、とうとう書いた、政策の各論。それも、わが国高齢社会の納得
いく「解決策」

高齢者の貯金を消費に回す方法

です。私(すこや)も提唱している好齢ビジネスの、バックボーンになる現実
的な処方箋が示されています。

(前半)
わが国の医療の財政が、85歳以上の人口の劇的な増加に着目。
首都圏の自治体では厚生政策が皆無なの恐ろしさを指摘。
農山村では「里山資本主義」による解決事例もあるが総人口の1割。

(処方箋1:年金を現役に循環させる)
年金の需給方法を現状の法体系内で旨く転換できます。
1)年金を若者の払込額に国庫支出で補填方式をやめます。
  高齢者の貯金を取り崩して生活するようにし向けます。
2)取り崩した場合は全員を生活保護で救い、医療費も無料になります。
3)従来の年金補填方式は、老人が貯蓄にしてしまってます。自分が貯めた
  金だからと溜め込む。社会に年金が回らないのです。
  貯金取崩し式では社会に金が回します。しかし老人は救われ困らない。
  「老人が溜め込む」から「現役のために使う」に発想転換をします。

(処方箋2:グループホーム式介護事業)
首都圏で85歳以上が30年後3.4倍化に対し介護士の増加はゼロ。
4)介護保険を使わず生活保護で対応するNPOのグループホーム。
5)元気な高齢者が介護資格無しで雇用され介護を担当。集合するので
 見守りになり、サービス作業が効率的。
6)プライバシーが保障される快適な個室に共同の食事、診療付。
 首都圏の空き家を改装し活用。家主には良い投資対象になします。

(処方箋3:一人当たりの医療費の低減)
独居高齢者が将来の健康に自律できす、重病化が進みます。
7)健康見守りを地位kで出来るように4)5)6)の集合生活へ、孤立マンショ
 ン住まいから移れる体制。
8)手近に、自分の趣味と所得に合致した不快でない施設を設置します。
9)里山に住み替える、あるいは大都市でも田畑で野菜を作り売るなどで
  コミュニケーションが周囲と取れて,医師の在宅診療が加わる仕組み。

(処方箋4:死に場所を病院外で)
首都圏の85歳以上80万人は病院で死ねるが、30年後の270万人で病院
を埋め尽くすわけにゆきません。
10)身近なグループホームで人が死に毎日葬式が行われる状況を実現。
11)輪廻転生の仏教思想に立ち帰る。(今の遺体写真を隠す社会でなく)

以上、とても現実的な提案です。
日本は世界でトップに「高齢者2倍増なのに経済成長を維持した」国です。
今後、激増する各国よりは高齢化率の上昇は減速します。この30年で我が
国が、「幸せに生きて大往生したい」という一人一人の思いを実現しようと
言うことに、官民の努力が行われれば「明るい高齢社会」が実現します。

うーーん、これでよいのではないでしょうか。そう思って藻谷論文読みました。
みんなで、この動き進めてゆきたいものです。
  


  • 同じカテゴリー(好齢ビジネスパートナーズご案内)の記事画像
    選ばれるまちを創る。笠間と東京圏をつなぐ会>参加報告
    杏林大学×三鷹>ウェルカムパーティに参加
    好齢ビジネスパートナーズ新オフィス>美味しい運営会議
    好齢BP記事載っている>多摩ら・び誌91号
    シニアと行なった「有償活動についてワークショップ」
    27日八王子シニアカレッジ>地域活動の有償化ワークも
    同じカテゴリー(好齢ビジネスパートナーズご案内)の記事
     選ばれるまちを創る。笠間と東京圏をつなぐ会>参加報告 (2016-06-25 10:16)
     杏林大学×三鷹>ウェルカムパーティに参加 (2016-05-22 02:54)
     好齢ビジネスパートナーズ新オフィス>美味しい運営会議 (2016-05-20 16:35)
     好齢BP記事載っている>多摩ら・び誌91号 (2016-04-04 21:50)
     シニアと行なった「有償活動についてワークショップ」 (2016-03-28 12:19)
     27日八王子シニアカレッジ>地域活動の有償化ワークも (2016-03-24 12:07)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 08:20 │Comments(0)好齢ビジネスパートナーズご案内超高齢社会対応

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    藻谷浩介論に賛同!>わが国「年金介護医療」の最終案
      コメント(0)