たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年06月19日

シニアの起業チャンス!>やる気が一番大事


今、三鷹など多摩地域でもっぱら話題になっているのが、
政府が24年度の補正予算で、10000人ほどの新規起業を起こす
支援の補助金を出している応募の話です。

200万円を起業の準備費にくれる。自腹で100万円用意品kれば
ならないが、それは金融機関が低利で貸してくれるのです。
日本が諸外国に比べて新規起業が少ないことへの対抗策。

第1回目の締め切りがあり、600人が申請し、400人が採択されました。
この話は、、ある会合で三鷹CBサロンの前田隆正コーディネーター
から話しがありました。

とても有利なので、どんどん起業を薦めている。600件中多摩地区
(多摩信用金庫扱い)が27件で、全国一の取り扱い件数だそうです。
そのうち、三鷹市から11件が申請され、9件が採択された。全国の
市町村ではトップの件数だそうです。

その全リストが公表されています。
「地域需要創造型等起業・創業促進事業」第1回募集第二次締切 
採択結果一覧


この内容を読むと面白いです。
三鷹で採択された中に、65歳の女性が地元野菜を使うおでん屋を
三鷹駅前で開業するのがあります。

これが採択されたものだから、ご主人がまだ企業に勤務している
のがやめて、焼鳥屋を隣で始めるのだそうです。
起業家精神旺盛で良いですね。

今、私(すこや)は別件で、ある行政の職員の退職セミナーを企画
していますが、公務員で、退職後に面白い事業活動している例を
探してみたが、まずないのです。
いろいろ聞いてみると、役所にると、個性的な人がどんどん、他人と
同じことをする人になっていくのだそうで、退職後に何かを始めている
人はほとんどないとのこと。

このおでん屋の夫婦のような精神が、シニアにとって、大事だと思い
ます。
全国の市町村が、競い合って、起業を増やすように持ってゆきたい
ですね。特にシニアの起業が多いことが望ましいです。

恐らく、第2回、第3回の募集でも三鷹市がトップになることが予想さ
れています。残念ですが、そうらしいです。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 22:09Comments(0)好齢ビジネスパートナーズご案内

    2013年06月19日

    三鷹情報>チャペル、図書館。初めての異空間を歩く


    初めて三鷹にお出でになった知人のTさんが、行きたいところ
    があるというので、調べて驚きました。

    三鷹の西側にあるルーテル神学大学です。
    大変著名な建築家によるTrinity(三位一体)ホール(上写真)が
    あって、そこが一般に見学が許されているのでした。
    ゆったりした出会ったことのないような空間でした。

    普段見慣れない敬虔な
    祈りの場。
    チャペル













    創業者の博士の遺品などを
    置いてあるブラウンホール。
    見事な緑の中に静まり返っ
    ています。

    ごく少数の学生数で勉学を
    励ませる仕組みがあるように
    感じました。
    良いなあ、この空間。




    そして、最寄駅の武蔵境駅前。武蔵野市になりますが、市立
    図書館。そこも「異空間」です。















    図書館なのに、パフォーマンスを練習する鏡部屋があります。
    図書館なのに、飲み会を10時まで出来ます(カフェ・フェルマ―タ)
    人気の和風ホットケーキを頂きながらハイボールでした。

    やはり、三鷹のWestSideは、異空間に満ちています。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 15:07Comments(0)一歩塾からのお知らせ