たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2015年10月29日

ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆

週末から昨日の永田町のイベントまで忙しく。
少し疲れました。
多摩の畑の風景
多摩の里山を見たくなりました。
午後は京王線堀の内まで行って散歩。

京王線の駅前はこんな感じ。団地とビル街と大きな道路。
護岸された大栗川
川もありますが
コンクリ護岸で殺風景
ですね。
北八幡神社






しかし昔はこんな神社が
ある大きな村でした。
丘の上に北八幡神社は
あります。

神社下のトンネルを抜け
ると、風景が一変します。
むかしの柚木村そのもの
です。

Farmとか農場とかの看板
があり。若者が野菜の
手入れをしています。

聞くと
「おっさん農場はこの先」
とか。
YUGIMURA Farm FIO農場

おっさん農場までの道昔ながらの細い道の
先に農場はあるそうです。

会えました。
柚木村のおっさん。
鈴木亨さんです。

現地は初めてですが、
インターネットの前、
パソコン通信の時代に
知り合ってました。
おっさん二人
この村のニュータウン団地化を止め、
農地を残す活動をしたおっさん。

今は、障碍者施設の応援や若者の
就農と連携する現役の農家。
活動の「発信」をしている好齢者です。
FIOやぎ遊園


この地区で就農の若者集団
FIOは、やぎ遊園を開設
とか多面的な活動をしていて
辛口の意見もいろいろ聞け
ました。

帰りは、調布で
「子育てカフェaona
に寄り道。
aonaのテーブルフラワーホッピーatあおな

ホッピーをテーブルで混ぜてくれるサービスを知りました。

前掛けにあるように、調布は「ホッピー生産工場」がある街なのです。

これで疲れがとれたかな。
さあ、いくつもの宿題を片付けないと・・・



  • 同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事画像
    景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う
    多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加
    墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演
    シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議
    RESAS活用勉強会>流入人口のデータ分析を報告
    好齢ビジネスの時代>寄稿の次は隣国の研究者来訪
    同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事
     景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う (2016-06-16 11:16)
     12月末までの勉強会の講師をする予定です。 (2015-11-11 02:13)
     多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加 (2015-10-09 10:05)
     墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演 (2015-07-18 12:12)
     シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議 (2015-06-26 16:29)
     RESAS活用勉強会>流入人口のデータ分析を報告 (2015-06-12 12:55)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 19:47 │Comments(2)多摩CBネットワーク好齢ビジネスパートナーズご案内

    この記事へのコメント
    階段を上がる北八幡神社の前にあるトンネルの話です。
    神社はそのまま残しました。多摩ニュータウン事業計画はお寺は現状保存ですが、神社は住宅扱いで300坪の面積しか認めていませんでした。そのために現状に残すことと、その斜面で面積がとれて、少しは鎮守の森になりましたが、日本住宅公団との計画を進める中で新年会の中で、公団職員に酔ってるなかで、、たぶん、うちの父が行ったと思うんですが、道路との高低差があまりにもあるので、「道路の上にトンネル作れ」でした。警察は作ることに難色でしたが、、「作らせました」
    あそこにトンネルがあるのは普通に考えてないのが普通ですが、、
    そのトンネルを抜けると、、多くの皆さんが多摩ニュータウンからトンネルを抜けると別世界という方が多いです。
    Posted by おっさん2おっさん2 at 2015年10月30日 09:06
    おっさん、コメントありがとうございます。 
    現地を見て、ニュータウン前の里山があるのは
    団地住民にも良い影響があると思います。

    ひとけのない平日午後の団地は、さびしいもの
    でした。
    いいなあ、FIOやYUGI村の活動は。
    Posted by 一歩塾&ブログ村一歩塾&ブログ村 at 2015年10月30日 20:02
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    <?=$this->translate->_('削除')?>
    ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆
      コメント(2)