たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年07月30日

じいちゃんたちの工作遊び>三鷹森の楽校で交流

oさんの「がりがりトンボ工作」の紹介福島の子どもたちを2週間三鷹で
のびのび過ごさせるプロジェクト。
三鷹森の楽校」第4日目午後。

どこ竹武蔵野三鷹の爺ちゃんメン
バー4人が、好きな工作を見せて、
子供たちに関心を持たせると言う
”ゆるい”企画。

昨年に、続いて次の工作交流ができた。
竹とんぼ製作、うぐいす笛作り、がりがりトンボ、小刀で竹のお箸作り。
21人の子どもたちに加え、サポートしているコーディネーターのメンバ
ーも参加。

写真は、仲間のOさんが「面白いよ」といって工作を説明している。
合計39人がモノ作りした。単に「遊ばせてあげる」活動ではなく、楽し
む年寄りと子供の会話ができることが狙いだ。工作物や道具がその
媒介になる。

竹のお箸は、孟宗竹を切り出しで削る。
切り出し小刀で、怪我しないで使う方法を伝える。1時間半格闘し続け
た子ども4人には認定証を上げる。

自分でいろいろ工夫して小刀を使う子であって欲しいのだ。認定証に
で褒めるに値することだと思う。

あきゅらいず美養品スタッフの熱心な活躍でこのプロジェクトが動く。
8月5日にまた、このフォロー的な続きをする。楽しみだ。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 19:43Comments(0)一歩塾からのお知らせ超高齢社会対応