たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年07月10日

高齢社会情報化の潮流は地域SNSになるかも


ソウルでのIAGG(世界老年学大会)で数少ないデジタルと高齢化の
関連を議論したセッションでは何が、話題だったのでしょうか。

私は、参加しなかったのですが、参加した知人によれば、その一つは
「地域SNSの導入」だったようです。

高齢社会では、体の不自由な高齢者が、不自由であっても社会参加
して地域に貢献し、その事で認知症の進行を予防したりします。
この社会参加に、デジタルネットワーキングが最適なツールになります。

デジタルには弱いと言われる高齢者に優しい「インターネット活用」の
ツールが提供されたりすれば・・・・

アメリカのニューヨーク州では、全市を挙げてデジタル化を進めていま
すが、高齢者の見守りや地域参加を促す、ご近所SNSが採用されて
いるようです。
http://wired.jp/2013/06/21/nextdoor-new-york-partnership/

IAGGの会場では、ドイツやスエーデンが研究を発表しました。日本で
も柏市が、高齢者の健康を守る目的の地域SNSの導入が検討されて
います。

三鷹市で、2400人の市民が住所を
明確にして参加している地域SNS
「ポキネット」は、今のところ高齢者
向けを、謳ってはいません。
今後はそういう方向に進展する可
能性があります。

ポキネットの中に、最近「ポキネット勝手連」という応援団ファンクラブ
が結成されました。最近、フェイスブックの様なグローバルSNSの普及
に圧されて、アクセスの減っている、ポキネットを活性化しようと言う
うごきです。

24日(水)には、夕方から、集まって、「初めての勝手連オフ会」をする
予定です。どなたも参加できる会なので、
暑気払いを兼ねて、ポキネットの活用をを肴に、一杯やる、ということ
で、構いませんので、一度集まりませんか。

勝手連オフ会においでください。
最近参加して、知人が欲しい人など、様々な人が集まるとよいと思い
ます。
http://www.mitaka-sns.jp/modules/event/event_view.phtml?id=340608&grpcd=156134&o=&l=20
詳細は、上の「勝手連コミュニティ」を参照下さい。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 23:28Comments(0)超高齢社会対応