たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2014年11月21日

10/26の商店街カルチャー祭>終えて報告書まとめ

6月に最初に話があって関わった活動でした。商店街とシニアNPOの連携。
10月26日にイベントが成功裏に行われました。
三鷹マルシェ・カルチャー祭チラシ表紙助成金経費の支払い処理も終わり、
アンケートをまとめ、報告書にして
ました。

内容は、商店街シニアNPOが連名
で「賑わいつくり」の助成金申請し、
受託金の一部をち使い、シニアが
「カルチャー型のイベント」を企画・
開催する、というものです。

私には未経験であり、良い経験でした。

まとめてみると、こんな印象です。

1.商店街(振興組合)とコラボは初めて。35年買い物している商店街の
  本音を知りました。

2.求められる「賑わい」の意味を考えました。
  そこでシニアができることは、「子どもと家族が愉しむカルチャー空間
  作り」としてみました。
(藻谷さんの”しなやかな日本列島の作り方”参考になった)

3.シニアがすでNPOで発揮しているGr活動(3件)では不足ですので、
  会員が地域でしている幅広い文化活動(17件)を巻き込み、それでも
  要素が足りないと、地域外の新たな活動(6件)に参加要請して、
  計26ブースのイベント企画が実現しました。
  こういう3重のリングが重要でした。シニアSOHOという人の集まりの
  厚みがこれを実現させたと思います。

4.集客は至難と思われました。しかし「M・マルシェ」という露店市
  (30ブース)と「まるごと絵本市」(25ブース)というイベントの
  併設が運よく相乗効果があって、当方の26ブースには1000人
  (推定:ブースイベントに参加者は600人確定)が来場しました。
  嬉しい悲鳴でした。
  フェイスブックページを立上げ、広告をしました。効果あると実感しました。

5.子ども(幼・小学)と保護者の参加のカルチャーイベントの立上げは
  できましたが、5つほど設置の「シニア向けイベント」は当て外れで
  した。シニアへの真剣な企画と集客活動が欠けました。

6.商店会・店主さんとのコラボを一部実現できました。これを進めると

  次回は面白いと感じています。継続の機会を待ちたいと思います。

7.好齢ビジネスパートナーズとしては、「笠間紹介」を開催しました。
  Oタ―ン(東京に居ながら郷里を応援する)ビジネスの第一弾でした。
  集客 内容ともに存在感を示せて、大成功でした。

8.シニアSOHOという集団は、シニアのシニアのための活動中心で
  す。シニアの本来の活動は
  「子どもや若者へのカルチャーを先進する」
  ことを示せて良かったと思います。
  幅広い見識の力、先端技術の駆使、組織力を十分発揮しました。
  (4で述べた、3重のリングを含めてのことです)

12/4には、打ち上げ会で呑みながら気炎をあげたいと思います。

三鷹中央通り商店街さんには、本当にお世話になりました。
感謝・感謝です。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 22:21Comments(0)好齢ビジネスパートナーズご案内三鷹情報