たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2012年12月23日

2月9日 多摩CBネットワークシンポジウムへのお誘い

2月9日 多摩CBネットワークシンポジウムへのお誘い
皆様、
堀池喜一郎です

地域活動、
多摩地域で街に役立つビジネス、
コミュニティビジネスに
関心ある方々にお勧めのイベント
のお知らせです。

2月9日(土)午後に行われる、
多摩CBネットワークの
シンポジウムです。


基調講演を、高野誠鮮さんがします。
2月9日 多摩CBネットワークシンポジウムへのお誘いTBSカンブリア宮殿で
「ローマ法王に米を食べさせた男」
で出演した人。
過疎の村を世界に飛躍する
農産物の産地にする活動を
さまざまに展開する
石川県の小さな市の職員。
そのやりぬく意志力と、
背景の自然観人間観に
元気づけられます。








その後で、CBの分野別のミニフォーラムが5つ行われます。
○Aging in Place。高齢者を元気にするCBを考えよう
○女性とCB 女性力こそCBの強味!
○コミュニティビジネスならではのお金の集め方
○拡がる地域メディア活用法
○農業と地域コミュニティ場づくり

私・堀池は1番目の「高齢者」を元気にするコミュニティビジネス
の分科会を司会します。
ここに皆様おいで下さい。

ここでは、キーノートスピーチを、牛島正博さんがします。
Life in Kawagoe 英語ブログの主催者で、建築の専門家です。
https://www.facebook.com/events/572118752805247/#!/masahiro.ushijima?fref=ts

オランダ、フィンランドの高齢者住宅を現地視察した視点も含めて
彼の考えるAging in Place(住み慣れた処で役立ちながら生きる)
の住まいの現状と将来を解説して頂きます。

シニアに関する多摩でのシニア関連CBの実践事例を3人から聞きます。
★西東京で「お別れ会」を地域振興ビジネスにする、有馬将由さん。
https://www.facebook.com/KoreiBusiness?ref=hl#!/nobuyuki.arima
★多摩市で「シニアの自分史出版」事業を進める、長谷川豊子さん。
http://mosimosi.biz/company/history.html
★立川市で「独居高齢者の居場所」経営からの課題を話す、紀平容子さん。
http://members.jcom.home.ne.jp/npo-sarah/

今後、定期的な「高齢者を元気にする」CBの研究会を皆さんで議論
したいと思います。

高野さんも、牛島さんも懇親会まで出る、多摩CBのシンポジウム。
皆さんおいで下さい。300人の仲間と出会えます。

詳しくは、フェイスブックのイベント
https://www.facebook.com/events/572118752805247/

または。多摩CBネットワークのホームページ
https://pro.form-mailer.jp/fms/2aa6b81314672

をご覧になり、参加申し込みをしてください。お待ちしています。



  • 同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事画像
    景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う
    ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆
    多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加
    墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演
    シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議
    RESAS活用勉強会>流入人口のデータ分析を報告
    同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事
     景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う (2016-06-16 11:16)
     12月末までの勉強会の講師をする予定です。 (2015-11-11 02:13)
     ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆 (2015-10-29 19:47)
     多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加 (2015-10-09 10:05)
     墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演 (2015-07-18 12:12)
     シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議 (2015-06-26 16:29)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 06:44 │Comments(0)多摩CBネットワーク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    2月9日 多摩CBネットワークシンポジウムへのお誘い
      コメント(0)