たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2012年10月29日

狭山元気大学の好齢者育成施設を見てきた

<狭山元気大学の好齢者育成施設を見てきた
(狭山元気大学のエントランス)

高齢者が、好齢者と変身して、見守られる弱者でなく、社会に貢献
して活動する。後期高齢で何処かが悪くなっても、住み慣れたところ、
家に住めば、その社会貢献活動を続けられます。

そういう好齢社会を作ろうと言う、強烈な試みが埼玉県狭山市で始
まっている。狭山元気大学の好齢者の活動展開です。

そのシニア向けの講座が、行われ、コーディネートしたMystyleこだ
いらの竹内さんに招かれ、講師で行きました。
三鷹から狭山には電車を国分寺で乗り換えて50分。近いです。

狭山元気大学の好齢者育成施設を見てきた玄関で、出迎えてくれたのが
元気大学事務局の金子さん。
この設立に関わった職員です。

その経過を私(すこや)は発足のきっかけとなったシンポジウムに
出ていたので、ちょっと説明します。

狭山は、米軍と自衛隊の基地があり、騒音や軍事は安定を必要と
する為に、様々な国の助成が自治体に行われていて財政安定地
域です。

それに加えて、この地域は、素晴らしい未来型産業トライアングル
があります。
第一に、都市化が進んで大規模な戸建てのベッドタウン団地が沢
山あります。そこには企業で高度成長時代を過ごした知的な産業
人OBが大量に住んでいます。
第ニに、広大な丘陵地帯に広がる農地。お茶を中心として、野菜
が作られています。元気な農家がたくさんあります。
第三に、昔の鎌倉往環からの街道筋の商店街。農産物を使用し
たお菓屋やお茶販売店、農機具店などが元気でいます。

この三つが組合わさると何かが生まれるのではないか。当初、こ
れのお茶農家から、お茶販売、そして行政マンになった前市長が
考えました。
その特命を受けた、市内にある西武文理大学のマーケテイング研
究の小山教授(西武百貨店の出身)が企画した2008年の「コミュニ
ティビジネス振興」研究のシンポジウムが行われました。

これは、市役所の主要部長、公民館ごとの団地自治会、農家、商
店街300人を集めて行われました。私(すこや)も講師で招かれて
いて「シニアSOHO三鷹」の事例などを紹介しました。他に、農業
法人の活動、それに里山保護の市民CB活動の話がありました。

終日シンポジウムをノートを克明にとって聞いていた市長が「CBを、
市民ー農ー商の連携で、公民館のある地区ごとに起こす」と宣言し
ました。

その後の展開は、市の担当職員=金子さん他にゆだねられて行っ
たのですが、CBの市民向け学習は、Mystyleこだいらの竹内さん
らが協力してコーディネートしました。
狭山元気大学の好齢者育成施設を見てきた
(今回も、竹内さんがコーディネート。左は講師のBABAラボ桑原さん)

2011年には、退職した小山教授を学長とする「狭山元気大学」とい
う市役所直営の組織が発足し、その動きを担うことになりました。

本年度は、小学校の廃校を利用した専用施設が完成しました。パソ
コン教室やスポーツ、文化教室があり、シニアのCB実践の学び場です。

200人規模のCBを学習したシニアが、元気大学の運営をにないます。
学習する機関でCBプレーヤーを排出し、かつ学校がCBの実践の場に
もなるようになっています。

例えば、実践を始めたシニアが講師を務めて自生研修を行います。

学内の理科室を改装したレストランがありました。ワンディシェフ方式
で、うどん、そばその他のシニアによる料理研究会が、日別に担当し
て食を提供します。毎日大変な人気だそうです。
狭山元気大学の好齢者育成施設を見てきた
狭山元気大学の好齢者育成施設を見てきた小山学長も蕎麦研究会メンバー
として厨房で腕を振るってました。







狭山のシニアが、どこまで、自力のコミュニティビジネスを始めて行くか、
試練が多いとは思いますが、ここまでシニア向けの起業準備を整えた
地域は珍しいです。
そして意識が高く、シニアが自立して、地域をになって行く方向が明確
です。

ここで組織された、シニアの活動に注目しています。



  • 同じカテゴリー(超高齢社会対応)の記事画像
    東京子育て応援事業に注目>公募説明会に参加しました。
    3月はサル。好齢ビジネスパートナーズ目一杯の活動。
    多摩市コミュニティ起業塾>関戸公民館で講師しました。
    朝ごはんの会>森の食卓で17人で始まりましたよ~
    「私より上と思ってた」と言われ複雑。”年齢感”とは。
    シニアよ、汗をかき発信を>若者との会話で
    同じカテゴリー(超高齢社会対応)の記事
     東京子育て応援事業に注目>公募説明会に参加しました。 (2016-03-14 19:01)
     3月はサル。好齢ビジネスパートナーズ目一杯の活動。 (2016-02-27 07:05)
     多摩市コミュニティ起業塾>関戸公民館で講師しました。 (2016-02-07 19:41)
     朝ごはんの会>森の食卓で17人で始まりましたよ~ (2015-12-20 04:41)
     「私より上と思ってた」と言われ複雑。”年齢感”とは。 (2015-12-01 16:01)
     百歳人時代はどうくる?想像を絶する新社会を議論する。 (2015-11-17 09:34)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 01:34 │Comments(0)超高齢社会対応

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    狭山元気大学の好齢者育成施設を見てきた
      コメント(0)