たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2012年07月14日

アート⇒地域>三鷹・森人展を見てきた

アート⇒地域>三鷹・森人展を見てきた
三鷹市野崎にある「森の楽校」は各種のイベントを開催する、とても
興味ある施設だ。

この施設を提供する”あきゅらいず美養品”は、明快な化粧品直販の
メーカーなのだが、企業の形が、商品訴求から「社会性、地域活動」
訴求へ転換してしまっている。

すぐ脇にある同社の社員食堂が、そのままヘルシーカフェになってお
り、一般の人が普通に立ち寄れるレストランなのだ。まさに健康定食
を地域に提供する形を、お店ではなく看板もない社員食堂の形式で
提供する。

全国に広がりつつある、高齢者の居場所「地域の茶の間」に自宅を
解放する住民のように、株式会社あきゅらいず化粧品は、森の楽校
を地域に提供する。

従業員の「働く」を「傍楽」だとし、企業、社員、地域の「三方良し」を
実践する。その象徴が「あきゅらいず 森の楽校」の存在だ。一方で、
この存在が、商品のユーザーへの訴求の強烈な広告になっている。
今後の企業の姿を象徴するような企業活動である。

その行事が13日から10日間、22日まで開催されている。
森人展(もり びと てん)
~アートと社会をつなぐ10日間~

行ってきた。

動画をご覧ください。

スペース全体に漂う、ヒノキの板の香りが伝えられないのが残念。

15日、21日と、行事があり、22日には「地域のデザインプラクティス」
というイベント・セッションが行われる。
地域に固い解決しようと動く人に対して、デザイナー、アーチストが
問題解決をセッションの形で行うモノ。

興味深い。
「自宅のこもっている高齢者の地域参加から、働きへ」という課題は
解決できないであろうか。
提案してみたいと思っている。



  • 同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事画像
    景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う
    ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆
    多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加
    墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演
    シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議
    RESAS活用勉強会>流入人口のデータ分析を報告
    同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事
     景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う (2016-06-16 11:16)
     12月末までの勉強会の講師をする予定です。 (2015-11-11 02:13)
     ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆 (2015-10-29 19:47)
     多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加 (2015-10-09 10:05)
     墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演 (2015-07-18 12:12)
     シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議 (2015-06-26 16:29)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 03:43 │Comments(0)多摩CBネットワーク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    アート⇒地域>三鷹・森人展を見てきた
      コメント(0)