たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年11月10日

三鷹にあるものづくり工房>WooBo(う~ぼ)構想

三鷹にあるものづくり工房WoodBoxIncさん好齢ビジネスパートナーズの月例
朝活。今朝は、上連雀9丁目の住宅
街にあるWoodBox社を訪問して、
山口社長とスタッフの淺川洵子さん
のお話を聞きました。

浅川さんは、6日に開催された三鷹
ビジネスコンペに「WooBo構想」を
発表し、見事最優秀賞の次の優秀
賞を獲得しました。その構想の現場
がここです。

山口さんは、大手計測器起業を50
歳で退職し、計測器システムの研究
・開発の会社をスタートしました。

山口さんその理由が、単に個人事業主
になり収益を上げることでは
なく、「高齢社会では人は自
分で仕事を始め、一生職人
として働くべきだ」という考
えです。

これを山口さんは40歳くらい
からずっと考えていて、実行
に移したといいます。

、その後、彼はエンジニア、職人として生きるためには、経営と販売が出来な
ければ続かない。続ける方法を自ら習得しました。3年間、「ファイナンシャル
プランナー」「事業計画」を学んだのです。

それを、多くの技術系の会社員OBや、自営を始めたい若者に、技術系職人
としての「自立・起業」の教育する場所、プラットホームを提供して、シニア
が元気に活躍する世界の構築を目指しているのです。

これは好齢ビジネスパートナーズにとても近い考えです。
教室スペースで、浅川さん
WooBo(う~ぼ)は、やはりエンジニアとして企業に勤務していた、子
育てしながらできる道を開拓したいと思った浅川さんが山口さんに加わ
りました。

WooBo事業は3つの構成で構想されています。
1)作る、教える楽しさのレンタルスペース
2)作るだけでなく起業・販売を応援する事業
3)ものづくりしたい老後の人に仕事の場を与える
とてもよく出来た構想です。

好齢ビジネスのメンバーは、質問して議論になりました。
・山口さんの本業のビジネスモデルは⇒元の会社がしない研究所向け特注
・創業の教育はどういうやり方⇒キャッシュフローを体験させ、信金が協力
・講師をやりたくなる動機付けは⇒モノが姿を見せる楽しみを感じさせる

3階の設備関係を見せてもらいました。
回路半田付け作業台木工ツール類
工房レンタルスペース回路系、計測機系の様々な
道具類。
木工機械もそろって
ました。
製品の写真撮影の
道具もあります。

いいなあ、という雰囲気。

早速、好齢ビジネスパート
ナーズとして、
まず教室を利用する
第一回の申込みをして
しまいました。


内容は、第5回三鷹プロフェッショナルカフェ、としてご案内します。
お楽しみに~!!!  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 18:53Comments(0)超高齢社会対応好齢ビジネスパートナーズご案内