たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年05月29日

三鷹で朝活>現役プロカフェ事務局の地域勉強会

私たちは
「好齢ビジネスパートナーズ」
というビジネス活動を、昨年
からしています。

その実活動の一つが、三鷹・
現役プロフェッショナル・カフェ。
9月から3回開催しました。

その事務局を担うメンバーの勉強会を「朝活」と称して、月1回、日曜日
8~10:30AMに行っています。

この「現役プロカフェ」の狙いは、会社でバリバリ仕事している会社員が、
住んでいる自分の地域の課題解決の活動をしてみよう、という趣旨で
地域活動の実態や面白さを学ぶフォーラムです。

その事務局を担う30代は、実は地域を知りません。これではいけない
と言うことで、メンバー内で「疑問に思うこと」を聞く会を、この4月から
することにしたのです。

前半8時ー9時が、事務局内の事務連絡。後半の9時~が勉強会と
しています。勉強会なら、部外に人も参加して良いのではと、一部興味
ある人に声をかけています。この日は、8人が集まりました。

今回の「朝活」は、50代後半の企業の仕事も熟知し、かつ様々な地域
活動にも参加して実ビジネスを始めているTさんによる「高齢者孤立防
止ネットワーク」の事業アイデアを聞くことになったものです。

内容は、私のように地域活動の長い人間にも、とても示唆的な、勉強に
なりました。
写真のパワーポイントで掲示して、Tさんが、話しているのは、ICTを活用
して地域コミュニティにシニアの健康増進の相談する運用経験から、
(1)地域コミュニティに影響を与えるのはソーシャルキャピタル(地域の
  きずななど住みやすい環境)である。
(2)ICTはリアルな活動で効果がある事をデジタル化して効率を上げる。
  新たにICTが何かを産まない。
(3)不慣れなシニアにICTを学ばせるのは最も非効率。学ぶ部分はネット
  管理のサポーターがするのが良い。

ここでは、多くを書けませんが、私は以上のことが参考になりました。
こうして、70代・50代の地域活動をしている人に、その実情を聞き、現役
の30代などが理解を深める「朝活」をしているのです。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 20:52Comments(0)好齢ビジネスパートナーズご案内