たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2012年04月06日

コリア街で遅いお昼。帰ると三鷹は輝く桜。

都心・新宿で打合わせると
大久保のコリア街を昼でも
たまには歩くのが好きだ。

遅い昼食を、延辺料理とか
の店で。「豚肉・ピータン粥」
とキムチで1289円。端数の
細かいレジは中国風?

この店は朝鮮系中国人のチェーン店で、黒竜江省の「延辺朝鮮族自治区」の
朝鮮語を話す地方の料理だという。
(粥がこの地方かどうか不明ですが)

平日の午後、店内は韓国語で話しているカップルばかり。
つまり休憩時間に来る働く人。

大久保を歩く狙いは、まず、こういう民族食の色濃い場所
で食べたいこと、二つ目に、逆に日本の居酒屋の原型の
ような飲み屋に行くのもできる。
もう一つは、中国物産を売る店で「汾酒」という蒸留
酒を一瓶買ってくること。私はこの白酒・汾酒が大好き。

ただ、全体としてこの街を歩くと、若い外国人(大半が韓国
系と思われるが、生き生きして(ギラギラして)明るい表情
に出会う。
それぞれのカップルが格好良くはないが、凄く、元気を感
じさせる。この「起業家の雰囲気」が私は好きだ。

早めに三鷹に帰ったら、夕日に当たる桜が輝いていた。
  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 19:45Comments(0)スタッフな日々