たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2015年04月17日

三丁目の夕日2012を見て>70歳代はまさに淳之介世代

ネッとサーフィンをしていて、YouTubeのこの作品を見てしまいました。
3丁目の夕日「昭和39年オリンピック」
ほとんど完璧に感情移入してしまいました。

三丁目の夕日2012版

私は、この登場人物の、鈴木一平、古川淳之助(写真の中央の少
年)と同年齢なのでした。

最後に淳之助が叫ぶ
「おじさんの全部を学んできました」

この世代なのです。
一平もバンドやりながら親父を継いで、町工場の先端社長になって
いったでしょう。

私の世代=総和15年、16年生まれは、他と異なる特異な世代です。

私たち、あるいは登場人物二人の世界は、世界観の異変を受け入れ
ざるを得なかった親や先輩の混乱を見ながら自我を形成しました。

1年上級生から上は、教科書に墨を塗りました。同じ先生から、全く違う
世界観を、ある日指示されました。

この異常な体験・作業を私たちは、運よくしていないのです。
その逆に、親たちが、混乱の中にある中で、焼け跡を遊びまわれたの
です。

そのときに参考になるのは、すべて戦前の仕組みの中で頑張ってきた
大人たちでした。
敗戦で挫折し、家や職場や友人を失い、悲惨の中で、これからを模索
する、若い大人たちでした。

300万人を失うという戦災を通過する若い親や大人をみていたのが、
小学生であった私たちです。社会に揉まれている生の大人を見て育ち
ました。

私たちは、工業化社会の前の、自然の中の世界に生きる人も見てき
ました。
そして、私たちは、高度成長を謳歌する工業社会、グローバリズムの
先端を担いました。

この社会の激変のなかで、前の時代を生き抜く人を見て、語ることが
できます。それが、一平・淳之介の世代=昭和16年・15年世代です。

3丁目の夕日2012では、クライマックスに、高度成長の入り口にある
のに、そのさらに先の、「地域の課題解決」の医師の話が登場します。

それが、現代2015年ですよね。

今後の社会は、「冒険小説家を目指す、音楽家を目指す」少年たちが
沢山登場し、これからの社会を作るのだろうと思います。

3丁目の夕日2012は、戦後70年の今とこれからを考えさせる映像です。
あらゆる世代にこのビデオの視聴をお奨めします。


  • 同じカテゴリー(好齢ビジネスパートナーズご案内)の記事画像
    選ばれるまちを創る。笠間と東京圏をつなぐ会>参加報告
    杏林大学×三鷹>ウェルカムパーティに参加
    好齢ビジネスパートナーズ新オフィス>美味しい運営会議
    好齢BP記事載っている>多摩ら・び誌91号
    シニアと行なった「有償活動についてワークショップ」
    27日八王子シニアカレッジ>地域活動の有償化ワークも
    同じカテゴリー(好齢ビジネスパートナーズご案内)の記事
     選ばれるまちを創る。笠間と東京圏をつなぐ会>参加報告 (2016-06-25 10:16)
     杏林大学×三鷹>ウェルカムパーティに参加 (2016-05-22 02:54)
     好齢ビジネスパートナーズ新オフィス>美味しい運営会議 (2016-05-20 16:35)
     好齢BP記事載っている>多摩ら・び誌91号 (2016-04-04 21:50)
     シニアと行なった「有償活動についてワークショップ」 (2016-03-28 12:19)
     27日八王子シニアカレッジ>地域活動の有償化ワークも (2016-03-24 12:07)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 01:24 │Comments(0)好齢ビジネスパートナーズご案内三鷹情報

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    三丁目の夕日2012を見て>70歳代はまさに淳之介世代
      コメント(0)