たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2014年08月26日

豆本作り教室>子ども・シニアが一緒に楽しむ工作

豆本教室チラシ
楽しい工作の時間をすごした「豆本作り」。

主催の武蔵野デジタル出版さんは、電子出版を業とする会社。
多くの人が本に親しみを持てれば、と始めたが、子どもに大変人気がある
工作らしいのです。

参加してやってみると、なかなか面白いものでした。
1)自分で好きな寸法に作れるので、ああしよう、こうしよう、と楽しい。
 (私は本文の紙を5×3インチにして胸ポケットに入るのにした)
2)表紙の装丁、中表紙の紙を沢山ある中から撰びます。
 (私は駱駝色の皮と群青色の紙にした。これが楽しい)
3)本文の紙と、表紙・背表紙の厚紙を選びます。
紙のデザインや種類を撰ぶ作業台の状況
(写真上は、紙を撰ぶ受講生)
(カメラの人が主催の牛田社長さん)

(写真下は考えているときの作業台
・・案外、場所を使います)

4)カバーの皮を指定方法の寸法に切ります。
 (この寸法の決め方にノウハウがあり、学べて嬉しい)
5)本文紙、中表紙をクリップで止めて、背部分に木工ボンドを塗ります。
6)表紙厚紙にボンドを塗り、カバーの皮を包むように貼ります。
7)表紙と、中表紙、本文の背をくっつけ、クリップで締め付けて置きます。
糊を着けて締めつける
(金属の丸棒を使います)

これで30分(本当は一日)
置くと固まります。

皆さんの作品。
私のは一番右のちいさいの。

完成作品

工作中に、指導のイラストレータ―の先生に話を聞くのが楽しいです。
今回は、子ども受講者がいませんが、子どもはさぞ楽しいと思います。

私が今回参加したのには理由があります。

「シニアと子どもの交流する工作遊び」であるこのイベント、

これを、三鷹中央商店街のお祭りで開催し、定例行事にします。
皮切りは、10月26日(日)の”賑わいマルシェの日”です。



  • 同じカテゴリー(超高齢社会対応)の記事画像
    東京子育て応援事業に注目>公募説明会に参加しました。
    3月はサル。好齢ビジネスパートナーズ目一杯の活動。
    多摩市コミュニティ起業塾>関戸公民館で講師しました。
    朝ごはんの会>森の食卓で17人で始まりましたよ~
    「私より上と思ってた」と言われ複雑。”年齢感”とは。
    シニアよ、汗をかき発信を>若者との会話で
    同じカテゴリー(超高齢社会対応)の記事
     東京子育て応援事業に注目>公募説明会に参加しました。 (2016-03-14 19:01)
     3月はサル。好齢ビジネスパートナーズ目一杯の活動。 (2016-02-27 07:05)
     多摩市コミュニティ起業塾>関戸公民館で講師しました。 (2016-02-07 19:41)
     朝ごはんの会>森の食卓で17人で始まりましたよ~ (2015-12-20 04:41)
     「私より上と思ってた」と言われ複雑。”年齢感”とは。 (2015-12-01 16:01)
     百歳人時代はどうくる?想像を絶する新社会を議論する。 (2015-11-17 09:34)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 20:57 │Comments(0)超高齢社会対応三鷹情報

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    豆本作り教室>子ども・シニアが一緒に楽しむ工作
      コメント(0)