たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2014年03月09日

多摩CB村上講演>CB好齢ビジネス 元気村チャレンジ

井の頭池で村上さんお天気のいい朝、井の頭公園の七井
橋。村上誠二さんをご案内しました。

陸前高田市広田町長洞地区の津波
被災仮設住宅(自称:元気村)の事務
局長も、「かいぼり」をしている井の頭
公園の自然環境復元の活動には、
感心されていました。

「多摩CBネットワーク」という熱い会
が、公助を待たず自助で、なにをして
きたか、基調講演を村上さんにお願
いし、吉祥寺までお出で頂きました。
(写真は「気仙に学ぶ」ボランティア仲
間の葛西さんの提供)
村上in成蹊大
村上誠二さんの講演は、成蹊大学の
ホールで行われました。
準備時間にシニアSOHOの久保律子
代表と談笑中。手前が私・好齢ビジネ
スパートナーズの堀池です。
なんと、この日の村上さんの演題が
「CB好齢ビジネス・被災地長洞元気
村のチャレンジ」なのです。

元気村では、高齢の女性たちが、地
域の未来のために、生産や販売の
活動を始めてますが、「好齢ビジネス」
と名付けているのです!

村上講演
講演の内容はすばらしい、参考になるものでした。

聞いていた参加者のブログに、沢山の賛辞の記事書かれています。
会場からは質問が殺到しました。

村上さんの講演の前に、横浜市役所・共創推進課の河村係長が
「変る行政!!横浜市の取り組む『共創』とは」
と言う基調講演をしました。(写真下)これは、すごいものでした。
共創の話
人口400万人の横浜市が、市民や企業と対等に会話して知恵を出し合い、地域
課題をお金をかけないで解決する100件のプロジェクトを運営しています。

これを聞いて村上さん、「陸前高田市に『共創課』があったらな!」と一言。

でも、250人の元気村はそれなしでも、多くのことを「自力」でなしとげてきました。この、対比が面白いです。横浜の河村さんも講演で、「横浜が大きい町だからではない。対等な会話をする”フロント”を実現したから出来た」と言います。

どこでも、聡明な感覚と勇気があれば出来ることなのだなあ、と私は思います。
多摩でやらねば、と、この日は大量のアドレナリンが出た日になりました。



  • 同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事画像
    景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う
    ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆
    多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加
    墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演
    シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議
    RESAS活用勉強会>流入人口のデータ分析を報告
    同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事
     景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う (2016-06-16 11:16)
     12月末までの勉強会の講師をする予定です。 (2015-11-11 02:13)
     ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆 (2015-10-29 19:47)
     多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加 (2015-10-09 10:05)
     墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演 (2015-07-18 12:12)
     シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議 (2015-06-26 16:29)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 22:20 │Comments(0)多摩CBネットワーク好齢ビジネスパートナーズご案内

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    多摩CB村上講演>CB好齢ビジネス 元気村チャレンジ
      コメント(0)