たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年09月25日

講師として伝えたいCGM>3日連続「情報発信講座」で。

19日八王子NPOパワーアップ講座
写真は、先週19日に私が講師をした、八王子での
NPOパワーアップ講座の「情報発信講習」風景です。

同じ講座に明日26日、八王子にでかけます。
朝10時から17時までの6時間の講座が行われます。
同市の市民活用支援センターが開催しているものです。

27日には早朝の羽田便で北見に飛び、北見市役所の
協働推進課が主催の
「地域活動発信facebook活用講座」に講師参加します。
130217FB発信講座
(写真は3月に北見市で行ったfacebook発信講座風景)
八王子と同じくNPOや地域活動団体のスタッフ向けに
情報発信の最新の方法を、討議と実習でじっくり伝授する、
10人定員の3時間講座です。
これは、28日にももう10人が受講する連続2日間の講師
をします。

この3回の講座で、私が講師として伝えたいことがあります。

★情報発信を「広報」とするな。「情報は利用者が作る」 と、
  捉えよう。
です。

「広報」は、情報を知っている活動団体が、情報を知らない
市民・利用者に伝えるという、一方方向の「与える」活動です。
これが最近はうまくいっていません。「与えられる」情報を
利用者がそっぽを向いています。
実は利用者に役立つ情報は、活動団体よりも、利用者自身
のほうが良く知っているという場面が多くなっているのです。
いつも、活動団体の方がよく知っているという状況は現代で
は違ってきているのです。

そこで、最近の情報発信の方法は、活動団体が発信するの
ではなく、利用者からどんどん意見を出してもらって、それを
「仕掛けたり、うまくまとめる」ことが、SNS(フェイスブック)を
活用する団体の情報発信になってきているのです。

商品開発や、広告もそうなりました。CGM(消費者がする発信)
というものです。車のことはカーメーカーよりも毎日使っている
愛用者のほうが知っているのです。愛用者の意見をまとめる
ことがメーカーの一番良い情報発信になります。

この考え方、
利用者の「参加型情報発信」のやり方を、
3日間の講座では、伝えてゆこうと思っています。

頑張るぞ。北見の資料を今日は作成して現地に送ります。


  • 同じカテゴリー(一歩塾からのお知らせ)の記事画像
    雨が上がって武蔵野散歩>距離は増えるが健忘症に困る
    多摩市「コミュニティ起業塾」開講>4年目も人気で18人
    元気なシニアの話を聞く発表・交流会。有益でした。
    急なお知らせ>多摩ブログ村12月5日矢川で開催します
    とりあえずブログ講座・矢川で>iPad利用、超初心者向け
    立川でコミュニティブログ講座>この後は個別指導です。
    同じカテゴリー(一歩塾からのお知らせ)の記事
     雨が上がって武蔵野散歩>距離は増えるが健忘症に困る (2015-11-03 11:24)
     多摩市「コミュニティ起業塾」開講>4年目も人気で18人 (2015-02-06 15:02)
     元気なシニアの話を聞く発表・交流会。有益でした。 (2014-12-22 03:03)
     急なお知らせ>多摩ブログ村12月5日矢川で開催します (2014-12-02 22:30)
     とりあえずブログ講座・矢川で>iPad利用、超初心者向け (2014-12-02 20:50)
     立川でコミュニティブログ講座>この後は個別指導です。 (2014-09-07 03:26)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 07:54 │Comments(1)一歩塾からのお知らせブログ始めの一歩

    この記事へのコメント
    堀池さん

    その節はお世話になりました。
    今日はじめて家で自分のブログを見ました。
    ちゃんとコメントを入れていただいていて恐縮です。

    不器用な私は、マイペースで続けていけるもの何かひとつ教わった中から取り入れたいと思います。

    それはやはりたまりばのブログでしょうか・・・。
    とにかく、ネット疲れしない程度にぼちぼちいきますので
    今後ともよろしくお願いいたします。

    伊藤 しのぶ (八王子NPOパワーアップ 事務局手伝い)
    Posted by たきっつ子たきっつ子 at 2013年10月21日 14:03
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    講師として伝えたいCGM>3日連続「情報発信講座」で。
      コメント(1)