たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年09月12日

竹とんぼ教室in青少年のための科学の祭典レポート

9月8日(日)に東京・小金井市にある学芸大学の構内で行われた
イベント「2013青少年のための科学の祭典東京大会in小金井」で
竹とんぼ教室が行われました。
どこ竹武蔵の三鷹の教室ブース
私(すこや)は講師で参加しました。疲れましたが面白かったです。

このブログ記事では、そのレポートを
1)講師のシニアたちが頑張って、子どもに接している
2)この会場に参加する子ども(同行する親)がどんな風か
を写真で伝えます。

この大会は小金井市の市報でPRされているように、大きな大会です。
主催は実行委員会ですが、その委員が学芸大学、科学技術館、
小金井市、小金井市教育委員会。共催が東京農工大学、法政大学、
(独)情報通信研究機構、商工会、多摩信用金庫と、大掛かりです。

参加ブースが110。大変な数です。
わくわくする展示>水力発電の模型
子どもたちがわくわくするブースが出ています。これを見逃す科学好き
は居ないでしょう。公式発表で、入場者は8300人だったそうです。
学芸大構内の参加者受付に並ぶ入場者

どこ竹武蔵の三鷹(三鷹・武蔵野地域で竹とんぼを教える講師の会)は
参加して、竹とんぼ教室ブースを設けました。
材料と道具を、予想した人数分準備して、講師を編成して参加です。
朝の9時から午後4時まで、元気なシニアが集まりました。チームのメン
バーの他に、杉並や品川、船橋に住むどこ竹リーダーも応援してくれま
した。講師は合計10人です。それに5人の高校生スタッフが加わります。

子どもは受付したら、講師の前に3,4人座って一生に教えてもらいます。

4,5歳からできます。お父さんお母さんが手伝うのも楽しいでしょう。
なぜ飛ぶのか議論もします
科学の祭典の教室ですから、「なぜ飛ぶのか」を議論したりします。

いつも三鷹の小学校やコミュニティセンターで教えているベテラン講師
が教えます。保護者の方も熱心で、楽しい雰囲気が盛り上がります。
ロウソクの火を使えないのでヒートガンを使う
ローソクの火を使えない場所なので、ヒートガンを子どもから離して使い
ました。

ベテラン講師は4人を一緒に教えます。
高校生が学びにきました
高校生が学びにきました。
講師は丁寧に、保護者は写真を撮ります
教えている講師の脇で保護者が写真を撮ります。ほほえましいね。
飛ばし練習
そして外に出て、怪我しない飛ばし方、よく飛ばす方法を教わります。

最後にアンケートを書いて、終了証をもらって終わります。30分です。

親子の交流を作り出す「どこ竹」の教室。この会場に来る親子は独特です。
前向きで好奇心に満ちて眼がキラキラ。こんな、竹とんぼ教室が一番
楽しいです。
この日、10人の講師で3時間半。135人に竹とんぼを作って飛ばさせました。

この、ナイフを使わずよく飛ぶ竹とんぼつくりを「平成竹とんぼ」と呼んで
います。この講師の育成講習は各地で行われます。
三鷹では、10月12日(土)13時半~4時半に、三鷹駅前コミセンで行います。

お問い合わせは:どこ竹武蔵の三鷹まで。
講師仲間になりたいひとは、ぜひご参加ください。
工作初めての人、誰でも講師になれます。


  • 同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事画像
    景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う
    ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆
    多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加
    墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演
    シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議
    RESAS活用勉強会>流入人口のデータ分析を報告
    同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事
     景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う (2016-06-16 11:16)
     12月末までの勉強会の講師をする予定です。 (2015-11-11 02:13)
     ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆 (2015-10-29 19:47)
     多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加 (2015-10-09 10:05)
     墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演 (2015-07-18 12:12)
     シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議 (2015-06-26 16:29)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 02:05 │Comments(0)多摩CBネットワーク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    竹とんぼ教室in青少年のための科学の祭典レポート
      コメント(0)