たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年02月14日

三鷹ICTまちづくり>災害安否確認の実サポート始まる


総務省のスマートシティ構想に三鷹市が応募して推進の「ICTまちづくり」
事業の準備が進んでいましたが、その三鷹プロジェクトの項目のうち、独
居好齢者に、毎日声かけ、見守りのサポート活動が、本番を昨日朝、8時
半から迎えました。

サポーターの一人である私(すこや)は、市内井の頭に住む80代の女性
(息子さんと二人暮らし)のお宅に、Androiid端末とWiMaX無線ルーターを
設置確認済みだったが、電源を入れ、受信ボタンの操作説明に行きました。

うっすら雪と氷の道をチャリンコで10分で着きます。
元気だが、高齢の彼女は、ケータイ電話も使っていない。こうした通信・コ
ンピュータ機器は初めてで、さぞ、ドキドキでしょう。

彼女の居間で、そこを安心させるべく、私の失敗したりしながら・・・
・電源入れて、ルーターを作動、タブレット端末の通信を確認。
・朝の声かけの放送を聞き、文字を読み、返事ボタンを押す初めての行動。
・まとめ団体NPOのセンター担当に、テレビ電話をかける。
 問題なく会話ができる。
・彼女の座る位置、タブレットのボタンを押す場所を少し移動させる。
・次は、持参した私(すこや)ん持つタブレットとのTV電話練習だ。
・私の方の端末をルーター経由の設定をする。彼女はいちいち、「それは
 なにをしているの」と聞いてくる。文字入力も珍しい眺めなのだ。
・部屋の中で、テレビ電話を掛けたり、掛けてもらったりを数回する。
・ついでに、買物支援のお菓子屋のオヤジさんとTV電話をしてもらう。
 オヤジさんはタブレットを運んで、店頭のお菓子の売り場を写そうと
 するが、電波が悪いらしくいろいろ途切れたり・・・それも彼女の勉強。


そんなことをやって居るうちに時間がたつ。彼女の捜査風景の写真を
撮るのを忘れてしまった。

画面のように、夜になってタブレットい画面を確認する。センターから
お返事ボタンの「良好」を確認したとレポートされていました。

「要支援者」になってくれた彼女から質問。「こう言うのが独居者全員に
近くに普及させるには、今後どうするの?」
「良いものであれば、住宅建設の時に取り付けられるでしょう」と私。

これから1ケ月、彼女とのテレビ電話はどういう内容になるか、安否の
確認が必要な災害など起こらねば良いですね。

ともあれ、スタートしたレポートです。



  • 同じカテゴリー(超高齢社会対応)の記事画像
    東京子育て応援事業に注目>公募説明会に参加しました。
    3月はサル。好齢ビジネスパートナーズ目一杯の活動。
    多摩市コミュニティ起業塾>関戸公民館で講師しました。
    朝ごはんの会>森の食卓で17人で始まりましたよ~
    「私より上と思ってた」と言われ複雑。”年齢感”とは。
    シニアよ、汗をかき発信を>若者との会話で
    同じカテゴリー(超高齢社会対応)の記事
     東京子育て応援事業に注目>公募説明会に参加しました。 (2016-03-14 19:01)
     3月はサル。好齢ビジネスパートナーズ目一杯の活動。 (2016-02-27 07:05)
     多摩市コミュニティ起業塾>関戸公民館で講師しました。 (2016-02-07 19:41)
     朝ごはんの会>森の食卓で17人で始まりましたよ~ (2015-12-20 04:41)
     「私より上と思ってた」と言われ複雑。”年齢感”とは。 (2015-12-01 16:01)
     百歳人時代はどうくる?想像を絶する新社会を議論する。 (2015-11-17 09:34)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 07:58 │Comments(0)超高齢社会対応

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    三鷹ICTまちづくり>災害安否確認の実サポート始まる
      コメント(0)