たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2012年08月12日

「多摩東部イレブン」という行動範囲

私は、東京都心で生まれてから、都心23区、静岡、茨城に住みました
が、最も長くすんでいるところは、東京都下・三鷹市になります。
行動範囲が最近は、ほとんど都心に向かわず、多摩に向いています。

それも人口420万人の多摩全域ではなく、概ねその東部で行動します。
ここに住んでからは、ずっと会社員生活とNPO、地域活動をしています。

             (写真は三鷹の井の頭公園から南空を見る)
「多摩東部」とは何でしょう。

ざっと定義してみました。
1)都心23区の大きな世田谷区、杉並区、練馬区に隣接します。
2)北から、東伏見駅から小川駅までの西武線、吉祥寺駅から西国分寺
 駅までの中央線、仙川駅から多摩センター駅までの京王線という東西
 に 延びる電車の駅を交通の最寄駅とします。
・西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、稲城市、多摩市、
 府中市、小金井市、国分寺市、小平市 の11市をいいます。
・面積は南北15キロ、東西15キロの200平方キロメートル。1キロ四方に
 1万人が住む人口密度の高いイレブンです。

この人口を、数えると約200万人になり、多摩30市町村の420万人の
ほぼ半分になります。多摩も面積の大きい西部は人口が少なく東部に人
が多いのです。

多摩地域にはこの他に、
北部多摩(清瀬、東久留米、東村山、東大和、武蔵村山、瑞穂の6市町)、
中央多摩(立川、国立、日野、昭島の4市)、
八王子市、
町田市
奥多摩(福生、羽村、日の出、あきる野、青梅、奥多摩、桧原の6市町村)
の5地域があります。しかしこの5地域を全部合わせても、人口は多摩
東部とほぼ同じです。

この多摩東部の人口は、全国の県レベルと比較すと、都市でいうと名古
屋市と同じ。県で言うと岡山県、熊本県とほぼ同じです。

住んでいるみなさん、というよりもビジネスや地域活動をしている方々は
この東部多摩を一つの地域と見て、活動されているのではないでしょうか。

私はそんな感じです。



  • 同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事画像
    景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う
    ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆
    多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加
    墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演
    シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議
    RESAS活用勉強会>流入人口のデータ分析を報告
    同じカテゴリー(多摩CBネットワーク)の記事
     景観と清流を守る>環境市民活動と地域経営に思う (2016-06-16 11:16)
     12月末までの勉強会の講師をする予定です。 (2015-11-11 02:13)
     ちょっと多摩の畑歩き。最後はホッピー〆 (2015-10-29 19:47)
     多摩CBネットワークの「中間支援者の勉強会」に参加 (2015-10-09 10:05)
     墨田区・浜野製作所>ものづくり起業支援を講演 (2015-07-18 12:12)
     シニアSOHO・RESAS活用>ひと・まち・しごと戦略討議 (2015-06-26 16:29)

    Posted by 一歩塾&ブログ村  at 22:20 │Comments(0)多摩CBネットワーク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    「多摩東部イレブン」という行動範囲
      コメント(0)