たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2016年03月28日

シニアと行なった「有償活動についてワークショップ」

シニアカレッジ「有償か無償かワークショップ」
先の記事で書いたように、27日は八王子のシニアの集まり、
八王子地域活動コーディネーターの会主催の「シニアカレッジ」
で、講演をしました。

1時間半のお話の中で15分ほど、11人を3つのグループにして
ケーススタディをしてみました。
テーマは、下記です。
ケース:有償化
=====
・あるとき訪問サポートから帰った一人の会員の報告です。
  「障害のある人たちをサポートしているボランティア団体の
経理の処理を指導して来た。経済的に苦しいな活動をしている
団体なので私はお金を請求しない。そうさせて欲しい。」
・これを巡って議論が二つに割れました。
   a)そういう対応があっても良いのではないか。
   b)有償と無償の線引きは難しくなる。有償を曲げられない。
=====
というものです。

10分ほどグループで議論の後、発表してもらいました。結果は
3グループすべてが「bとする。悩ましいが有償の原則を守る」
でした。

多くの人が、無償ボランティアをしているが、そこから抜け出し
たいと考えていると発言しました。

こうした議論は、これまで表立ってしていませんので、終了後に
「今日のセミナーで、このことが議論できてよかった」という感想
を多くが述べられました。

ともすれば「有償で仕事をするのは避けたい」というシニアが多い
中で、今回の議論ができたことは有益であったようです。

皆さんの元気なお顔を見ながら、帰りましたがよいセミナーの
講師をさせて頂いたとうれしく思いました。

今後のこのケーススタディは、各地で必要に応じて行いたいと
思います。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 12:19Comments(0)好齢ビジネスパートナーズご案内三鷹情報創業支援