たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2015年06月12日

RESAS活用勉強会>流入人口のデータ分析を報告

++さん(奥多摩の杉材製品の販売会社)のショールーム。
木の香りがぷんぷんして、乾燥した感じでしかも暖かいです。
缶ビールと優しいおつまみ
そんな雰囲気の中で行われた【++勉強会】
「RESASリーサスって何? 地域でどうやって生かせるの?」

6月11日夜。下連雀2丁目の路地に、18人が集まって盛況です。

多摩信用金庫・価値創造事業部地域経済研究所の中西さんが
丁寧な解説をされました。(写真のスーツの方)
中西さんと参加者
その後、「データ活用事例」を私・すこやが20分報告しました。
こんな表題と、内容で・・・
パワポ表紙笠間市と三鷹。

連携方法を考える。
観光分析・From to図









笠間への観光客は、
どこから?

三鷹の位置づけは?
流入人口差分析







こういうこと
でした。

断然少ない、多摩。
知名度?
交通?

などが解ります。

対策は?
発想を変えよう。
と、なりました。


私のデータ活用で感じたことは、二つです。という話をしました。、
1)日常思っている「この課題に役立つデータ」を探す。
2)こういう現象だろうという固定観念をデータで検証すると良い。

この後、全員でRESAS活用とこの勉強会の感想を語り合い
ました。私が得たものは多く、次のことです。

1)この日は地域活動のとてもユニークな人に出会えました。
2)「ご当地ビッグデータ」というものが考えられる。
3)地域住民向けの「地方総合戦略の作成講座」が必要。
4)ビッグデータのデータ構造はよく理解していないといけない。
でした。

良い機会をくださった主催者・++さんに感謝します。