たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2015年01月03日

西に長い東京都。明治15年に多摩地区は生まれた。

輝く富士が見える三鷹電車区
まっすぐ西へ続く中央線の線路。
三鷹跨線橋からの眺め。

富士山が見える。だから、富士は東京のほぼ西にあることがわかる。
真西に甲府盆地がありそのすぐ南に富士山はあるのだ。

三鷹から西は東京都の多摩地域である。
どうでもいいことを少し書く。

東京都が東西に細長い形になったのは明治15年。130年前。
(当時の人口は、23区で100万人、多摩地区は数万人だった)

東京の中心は、元江戸城があった府内。
その域外に武蔵国の荏原郡とか豊島郡とかがあった。
それが明治10年に、東京都15区の設置になり、
更に明治21年に東京市になり、荏原郡、豊島郡が品川区、世田谷区や
練馬区などになった。

武蔵国の北多摩郡、南多摩郡、西多摩郡は神奈川県だったのが
明治15年に、東京府に移管
され、後に東京都に統合される。

千葉の東葛飾郡や、埼玉の北足立郡が移管されなかったのはなぜ?
多摩に人口が少ない、鉄道と飲料水、農業用水の関係であるかと思う。

そして今、多摩地区は、130年前には考えられない数が住んでいる。

人口420万人で、23区の半分より多い。札幌市の倍であり、巨大な静岡
のような県に匹敵し、国で言えばニュージーランドとかアイルランドと
同じ規模である。

多摩は、23区の後背地からさらに脱するのか、どんな変化を遂げるのか。
人々は多摩に住み続けるのか、地方へ移住するのか。人口は減るのか。
  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 15:19Comments(0)多摩CBネットワーク三鷹情報