たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2014年07月08日

新プロジェクトで未知に挑む>今日から稼働です

今日は午後から、所属する非営利法人の新しいプロジェクトの
「作業部会」に参加します。

プロジェクトの名前が、
「聞き書きで創る高齢者が孤立 しない未来事業」

解りにくく長いので、私は
「ききがき2014」と勝手に呼びます。

聞き書きイメージ国・厚労省の助成を受けました。
2012、2013年度にこの前段を、
助成を受けて行っていたのです。

地域に埋もれている後期高齢者
のみなさんに「おはなし」を聞き、
書きとり、その話をできれば
「地域に役立たせる」ものです。

35人のお話を聞きとったのですが、驚くほどの内容でした。
これは、継続して事業化したいと思いました。

しかし、アンケート結果では、聞き取りには費用が掛かります。
話す本人は、嬉しく思うがお金は払えない、という結果でした。

昨年の事業では、そこで終わりましたので、2014年度にこの
「未来事業」の実現性を確認する作業を、また国に要望したのです。

3月に助成事業費の説明会に行き「3年目は通らない」という噂を
確認しました。「内容による」とのことなので要望しましたら、
評価されたらしく、内定しました。ありがたいことです。
2014%E5%86%85%E5%AE%9A%E9%80%9A%E7%9F%A5.pdf (PDF: 423.8KB)

ありがたいですが、内容は未知への挑戦です。
更に多くの(合計100件の)聞き書きをします。
それを用いて、関連先へ「財源を見つける営業」をします。

大変な作業になります。
幸い、団体内は粛々と担当が決まり、SNSの中にコミュニティが
出来て、新しい人も加わり、今日がその第一回の作業部会です。

これからです。心して進めたいと思います。
一参加者として折に触れて、レポートをしてゆきます。

関心ある人の、意見やご助言を頂ければ幸いです。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 09:45Comments(0)超高齢社会対応