たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年12月03日

自分愛が強い>好きになる好齢者たちが居る

おはなしさん、お二人に、再度面会した。
恥ずかしながらの、小生のインタビュー文章を評価していただいた。
市民ボランティアに工作指導している作品
方や私(すこや)と同い年の女性。K.Y.さん。
この人には、人生の浮き沈みの中で苦闘しながらも、自分を支える
手仕事のセンス、技術に内面を充実させてきた。

だが70代は、強い自信があったがゆえに、その思いを自分に仕舞って
新たな社会貢献の活動に入って行こうとしている。
自分を見る目が甘くないのかもしれない。

文章チェックもう一人は7歳上の女性。、
O.Y.さんは、少女時代に太平洋
戦争の辛苦を体験した。
食べられない生活の淵を歩き、
食べるためには働くことと、
65歳まで最大限に働き続けて
きた。
今の豊かな社会を「間違っている」
と規定し、かつ笑いながら
自律した日常生活を送っている。
つよい「自律の意思」を感じる。毎日20キロ歩いて平気だと言う。間違
いなく100歳までお元気だろう。

この世代には、一切人を批判しない人が居る。野に遺賢あり。

今後も、お付き合いができれば嬉しい。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 15:59Comments(0)超高齢社会対応好齢ビジネスパートナーズご案内