たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年02月05日

9日首都大学>多摩CBネットワーク参加最大

いよいよ今週の土曜日9日です。
多摩CBネットワークのシンポジウム。会場は首都大学。

200人の参加者募集に、300人近い参加申し込みです。
各分科会も参加が多く、合計で200人の方が参加です。
(写真は昨年のシンポジウム・交流会の写真)

始まって以来最大のシンポジウムになります。
京王線、八王子の一角に多摩全域や他から参加があ
るのは、私(すこや)にとっても、嬉しいことです。
地元、八王子市、多摩市、日野市などの皆さんも、多
数参加です。

この会の意義は、基調講演や分科会のテーマ討論を聞
くことだけではありません。この話をきっかけに、参加者
一人一人の人が持つ、やる気と方向性を持って、コラボ
レーションを起こすことと思います。

今回は分科会が5つですが、これがまたシンポジウムだ
けでなく年間常設の分科会になったり、新たな分科会
テーマがこの日の議論からうまれることと思います。

私がコーディネート担当する「高齢者を元気にするCB」
ですが、基調講演を牛島さん(高齢者住宅)、、
CB事例を紀平さん(独居者の食と居場所)、長谷川さん
(地域誌と自分史)、有馬さん(葬儀)のテーマでお願い
しましたが、ここの分野の事例はそれだけでは
ありません。

団地のコミュニティ再生、高齢者の介護、在宅医療と見
取り、防災、若者との世代間交流、孫育て、地域産業
支援、生活ノウハウ、文化の伝承・・・・
などなど考えられます。実践もあります。

そのきっかけの考えを得るだけでなく、具体的な人と人
の実際の交流ができるのが、多摩CBネットワークのシ
ンポジウムです。

もう申し込みは出来ませんが、申し込まれた方は、具体
的な人との出会いをぜひつくって、自身の活動の一歩に
して頂けるとよろしいかと思います。

CBを学ぶ人、CBを準備している人、CBの現実テーマの
プレーヤー、中間支援をする皆様、さらには自治体、国の
行政、関連企業、大学、の皆さんが集います。

13時から、20時半までの長丁場、非常に楽しく過ごせる
と思います。
なかなかお会い出来ない方と、したしく歓談できること、
私(すこや)も楽しみでおります。

皆様、思い切り、議論、交流を楽しみましょう。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 02:37Comments(0)超高齢社会対応