たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2012年12月30日

三鷹つながり>新宿での「米川サロン」楽しく参加


今年4月から参加している若者グループの勉強会がある。
三鷹の地域活動を盛んにしている米川充さんの主催する
「ワンテーマサロン」である。

場所は都心・新宿3丁目の純喫茶の個室会議室。
なぜ三鷹の米川さんの会が都心で行われるかと言うと、この
勉強会が、米川さんの人脈をつなぐ集団であるからだ。

氏は茨城県笠間市の出身。その地での高校同窓や地域
振興の関係者がいる。また、学生時代の大学同窓の仲間、
政治家秘書時代、現在勤務の企業の仕事つながりが首都
圏に散らばっているから、集まりとしては都心がいい。

つまり、茨城つながり、三鷹ICUつながり、政治・起業つな
がりの20代、30代、40代が、米川サロンなのである。
私のようなシニア年代から見ると、こうした若者世代との
交流があるのは貴重である。

好齢ビジネスパートナーズの大事な構成であるともいえる。
それで、この会には今年4回目の参加。最初は4月に、
「シニアの地域参加の現状」についてお話をさせて頂いた。

写真トップ=米川さんの話題提供。2010年三鷹市議選に
氏が挑戦した総括である。今後は出ないと言うが、こうした
優れた人が議員になっていれば・・・・と強く思う現在である。

質疑応答では、議会の制度としての問題、地縁組織、職種
組織を代表する議員と言うモノの意味。変革の主体どころか
停滞を生み出す議員体質、などについて議論が行われた。

写真下=参加者自己紹介をする三鷹在住の河本敏志氏。
Falconsという三鷹の小中学生チームをFLL(レゴロボット
国際科学競技会)の世界一に獲得をしたコーチ。今年も
関東大会で3位で全国大会に2月に出場する。
米川さんは、三鷹の小学校のオヤジ組仲間で河本さんを
応援してきた。

終わって、近くの居酒屋で懇親会。
さらに二次回は歌舞伎町に繰り出し
アジア横丁へ。
シンガポール、マレーシア、タイ、
ベトナム、ネパール、沖縄・・・の料理
屋が某ビルの屋上のテントに8店ある。
店員はすべてネパール人である。

ここは驚くべき混雑。人がすれ違って
歩けないほど。日本人、アジア人会社員の
男女若者でごった返している。

1000人は客が居ただろう。
まさにアジア的熱気が溢れている。
こんな喧騒が日本に、今、あるなんて、と我々は
驚嘆する。

熱気に煽られた仲間はさらに
夜の街へ・・・、私は帰還させてもらったが、
今年最後を飾る熱気ある忘年会になった。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 06:15Comments(0)好齢ビジネスパートナーズご案内