たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2012年12月10日

どこ竹武蔵野三鷹>竹とんぼ講師育成で三陸のシニア支援


土、日、と岩手県大船渡市末崎地区公民館、ということろの地域活性化
支援活動をしました。私(すこや)は月一回程度現地入りする予定です。

文部科学省の助成事業になっている「学びを通しての地域再生」という
事業で、AVCC(高度映像情報推進センター)というNPOと大船渡市の
教育委員会が連携下、2012年度の事業です。

津波被害で各集落の情報通信機能や人材が失われたところで、公民館
を中心に、元気づけて行こうとする活動の2年目に、やはり現地には
高齢者が多いのだから、シニアがどう地域活動をするかの応援が必要
なので、私に声がかかったものです。

パソコンやインターネットの寄贈や学習支援の内容をシニアに向くよう
にすることも大事ですが、私は、シニアに一番大事なのは「地域での役割」
がはっきりすること。
そうすれば、情報発信もして、シニアと地域の連携ができていく。
要するに、三鷹や多摩で起こっている必要なことと全く同じだと考えました。

そこで、武蔵野三鷹地域で、竹とんぼ講師育成と竹トンボ・竹工作の普及
をしている「どこ竹武蔵野三鷹」に相談しました。
新幹線に乗ってホテル代を負担してまで、支援に行くことはできないが、
ゆっくりといろいろ連携するのは賛成だ、となり、文科省事業に協力して
頂く意見になりました。

それで、現地で、竹とんぼ教室を9月1日に開催し、そこで講師育成の提案
をしたら、数人の希望者がいたので、今回9日に、講師育成講座と、併せて
竹とんぼ教室も実施しました。

講師育成講座は、「どこ竹@竹とんぼ教室」の本部で理解され、
「第45回 どこ竹リーダー認定実技講座」という位置づけとなり、開催しました。
主催は、文科省プロジェクト。これには大船渡市、公民館が入っています。
共催が、どこ竹武蔵野三鷹。
会場は、大船渡市末崎地区公民館。
講師は、堀池喜一郎と安井豊(どこ竹武蔵野三鷹代表)
受講者、近隣(大半は仮設住宅在住)のシニア男女12人、東京から一人。

9日朝9時半からの、3時間みっちりの講座は、
途中退席者も全くなく熱心に受講。
(写真:竹の羽根材を制作実習)




(写真:女性受講者も初めてのナタ使用体験)

★竹とんぼの作り方、
★飛ばし方、
★安全確保の教え方、
★材料と道具の準備法、
★認定試験
★地域グループの運営方法、
までを学びました。



午後は、20人の子どもや保護者が
参加した教室が開催され、

そこで
午前中に講師講座を受講した講師が、
参加して、実際の講師の体験をしました。





子どもに飛ばし方を教えます。
体育館に移り指導です。
(外は雪が降り、ちょっと手が
かじかんで寒かったです)







この5時間の中で、地元の皆さんの中での仲間意識もできました。
今後ですが、当面は「どこ竹武蔵野三鷹の遠距離会員」で活動します。

できれば「どこ竹大船渡末崎」という登録グループになっての、活動が
期待されます。
受講者から、2回目の講師育成講座はいつやるのか、という質問もあり
ました。

三鷹から持参した「ミニ門松」の見本や、制作のポイント説明で強い
関心を持たれました。
年末には、ミニ門松の講習会を開催するのではないかと想像します。

離れていますが、いろいろと三鷹からは応援してゆきたいと思います。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 11:25Comments(0)超高齢社会対応