たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2012年08月26日

多摩の産業を変える!++社のいいお披露目会

昨日は、お昼に武蔵境で仲間と会議。

それから国立・谷保にある「やま森カフェ」に向かいました。
そこにはもう人が集まっていて、「++」という変わった名前の会社の
発足お披露目会
でした。
この「やま森カフェ」のある
昔ながらの環境「うやぼろじ」
の説明は、別記事に譲るとして、

この合同会社(LLP)の
お披露目会が、凄いこと
だったのでご紹介します。

今日、どういうことをするか、を
会社の共同代表社員・安田知代
さんが説明して、
会が始まりました。

飲み物を飲みながら、座敷、縁側に上がり、あるいは庭先のテーブルに
着いて、これからの6人の講師の話を聞く。6人はと言えば、このお披露
目する++(タスタスと読む)会社のお客様、クライアント6社なのです。

1)やま森カフェ 
大久保さん(国立)
  

この場所の食堂、
三鷹のあきゅらいず美養品の
社員食堂の経営で
 「母めしで会社と社会を
元気にする」と言うお話し。

2)エキセルギーハウス
 黒岩さん(小金井)
 小金井にあるモデルハウス
を経営し各地の住宅を建築する。
エネルギーを利用せず、
分散するもの=エクセルギーを
利用する家つくりの話。







3)LUNAWORKS
 高月さん(荻窪)

  1000年の知恵が詰まった
自然の法則からできた和暦。
自然に寄り添う知恵を活かして
生活をと、
暦と日記帳を制作販売


4)ムカイ商店
  保存食を創る青森のリンゴ酢を販売


5)沖倉製材所 
沖倉さん(五日市)

 住宅用建築材が売れず
低収益をカバーするため、
端材を消費者に届けて木を
生かすビジネスを始めた。
地球環境の負荷低減を!

スギ、ヒノキ材による
モテモテキューブ、
DIY床フローリング

床貼りの実演する沖倉さん









6)多摩信用金庫
 酒井さん
 多摩らび誌と
 多摩らいふ倶楽部の活動紹介





6つの話の合間に、++共同代表社員の小倉ヒラクさんが追加コメント
を話します。
こうしたクライアントのビジネスを伸ばすお手伝いが++だそうです。

そのコンセプトとは、まとめのヒラクさんのお話し。

★今の世は、標準品、大量生産流通、高速生産と出荷でできている。
  その問題が山積し困っている。この真逆をする生産出荷をする
  ビジネスを応援する。日乙は消費左派が自分で精算に参加する。
  そういうボジネスがこれだけ集積している多摩から始めて行く。

そして、ヒラクさんは、「近く、年5億円の売り上げを目指す」とのとこ。
その通りだと思った。

なにより、ここの集まった50人を超える、メンバーが凄い。すごく仲が
良いこういう人を集められること、それが++の力。
(写真は、屋外で解説する小倉ヒラクさん)

これからの多摩の産業の力の方向を確信した日になりました。

自分もやらなければならないな。
そう感じさせる不思議な会社の発足会でした。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 14:26Comments(3)多摩CBネットワーク