たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2011年02月05日

多摩CBネットワーク世話人とは

いま、多摩で「多摩CBフォーラム分科会」が各地で開催されています。
各地の分科会は各地の団体が主催している、イベントです。

それをなぜ「多摩CBフォーラム分科会」と呼ぶのでしょう。
それは26日に(国分寺市・東経大会場で)開催される多摩CBシンポジウム
があるからです。

そのシンポジウムを本大会とし、分科会として各地があるというように
考えたのです。
それで、多摩CBネットワークの世話人が各分科会のお邪魔して、挨拶
をさせていただいてます。26日のシンポの参加呼びかけなどをしています。

(写真は、2月3日に三鷹で挨拶する長島世話人)

そのシンポジウム主催団体が「多摩CBネットワーク」です。
この組織は、2009年6月に出来たもので「ゆるいネットワーク」と呼ばれます。

定款(目的)もなく代表もいません。メンバーは入会するとメーリング
リストに入り、そこで書いたり読んだり情報交換するだけ。会費も無料です。

しかし、それではまずいと最低限の仕事があります。
・方針を決めたり、困ったときの相談を会員を代行してします。
 (これが世話人会です。現在5人)
・会員をMLに入れたり、ホームページであるブログを記事を書いて発信します。
・会員が面白くなるように、幹事役をします。
・オフライン会、シンポジウムを企画し実行します。

この2番目、3番目、4番目が事務局の仕事です。
多摩信用金庫さんのスタッフが1人、世話人と分担しながらやっています。

世話人ですが、今5人います。
私(堀池喜一郎=三鷹CB研究会代表)、長島剛さん(たましん価値創造事業部
長)、竹内千寿恵さん(Mystyleこだいら代表理事)、有賀達郎さん(FM西東
京社長)、石原靖之さん(調布アットホーム代表)

まったくのボランティアです。
世話人会、多摩CBネットワークとも、どこからもお金が生まれない仕組みな
ので経費が支払われないのです。
それでいいということでやっています。

そういう位置づけの世話人ですので、よろしくお願いします。
私(堀池)は、今回の分科会に先日の国分寺、本日の国立、それに19日の立川
にお邪魔します。
  


  • Posted by すこや  at 01:53Comments(0)多摩CBネットワーク