たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2010年09月04日

多摩CBネットワーク世話人会議


すこや(筆者)は5人の世話人の一人です。
忙しい合間を縫って、1時間半の会議が月例程度に行われます。
今回は事務局を入れて7人が八王子に集まりました。

たましん・ブルームセンター。創業支援の機能的なフロアです。
私達の会議の向こうには、八王子サイバーシルクロードのシニアの
メンバーが打ち合わせをしています。
人の出入りがひっきりなしの、地域産業振興の鼓動が聞こえるような
空間です。

世話人会で感じたこと。

1)多摩CBネットワークは進化を遂げている

多摩CBネットワークは参加人数が180人越えました。1年で大変な
増加。世話人も3人から5人に。事務局も一人から二人に強化。
数だけでなく、CB推進のセミナーなど開催の地域が、昨年度の
三鷹、小平、調布、立川に加えて、今年度に入っては、羽村、国分寺、
西東京、国立、八王子と広がっています。

2)年度末の全体シンポジウムに向けて新たな進化が起こされる

まだ、詳細を書くのは遠慮しますが、面白くなりそうです。
一日のシンポジウムにお終わるのではなく、シンポジウムに向けて
各地の行事を行ってゆく。多摩CBネットワークの会員や関心ある人は、
そのどれにも参加する。その集大成を全体シンポジウムにまとめる。

3)多摩CBネットワークの真骨頂は、楽な運営を巧みに行う

ゆるいネットワークであり、面倒な作業を避けながら、非常にクオリティ
の高い活動に仕上げたい。この議論がわずかな時間に厳しく繰り広げ
られる。
どうお金を集めるか、どう人を交流させるか、どう楽な事務局運営に
するか…そのノウハウは1年でずいぶんたまってきた。

4)国の補助金などを使わずに運営する

自分のお金を投じてもいい、と思う受益者がお金を出し合う関係を
巧みに作り出す。そういうものが出来るかもしれない。楽ではないが
こういうことに、苦労を惜しまないでやって行く雰囲気がある。

少ししたら、事務局から会員へ呼びかけが行われ、会員の知恵が
結集されることになりそうです。

多摩CBネットワークの会員メーリングリストに書く前に、たまりばブログ
に書いてしまいました。一般の方々にも知って頂きたい気持ちです。  


  • Posted by すこや  at 08:41Comments(0)多摩CBネットワーク