たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市


2013年09月18日

八王子でNPO情報通信講座>明日19日、26日と楽しく講師

八王子が元気です。
八王子のイメージ
市民団体が運営する「八王子NPOパワーアップ講座」が進んでいます。
NPOを骨太に活性化しようと、7日間の連続講座が市民団体の提案で
実現することになりました。

その講座のひとつ「NPO情報通信講座」を、講師担当することになり
ました。
今、最後のパワーポイントの詰めをしています。スタッフの皆さん、遅れ
てすみません。

この「ちらし」PDFの中に7講座のスケジュールがあります。
H25%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E8%AC%9B%E5%BA%A7.pdf (PDF: 994.69KB)

なんと、朝から夕方まで5時間の長丁場。
NPOの方々が15人が2回、集まります。
この議論と実習は、私にとって、とても楽しみです。

私(すこや)の講座趣旨は、
NPO団体が、ホームページなどで”広報”をしているが、各地で盛り上
がっている元気な活動団体は、”広報”で成功しているわけじゃないです。

「正しく、広く伝える広報」は、一方方向の考え方になりますね。
今、元気な活動は、インターネットの活用の考えが、”ソーシャル”にな
っているのです。
一方方向ではなく、NPO団体のサービスする利用者さん、あるいはそ
れを取り巻く市民、もしくは関係ないが興味を持つすべての人から、知
られるだけではなく、「書き込み」「言いふらされ」る様な情報通信の利
用をしています。

例えばブログのコメントです。例えばフェイスブックのイベントでのコメン
トの書き合いです。
ICTの技術ではなく内容があるから盛り上がるのですけれど、その伝え
るスタイルが「広報」ではないのです。

コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア(CGM)というのかも知れません。

関係者がわいわい書き込むことで、他の人たちが気がつく。そういう仕
組みが出来てきています。

それをNPO団体の活動に取り込む必要があると思うので、そういう体験
講座にします。
講義を少なく、実習をいっぱい。

ブログまだの人は、ブログをたまりばで立ち上げ、受講生同士の連絡は、
フェイスブックの秘密グループを使います。
ここでついでに、フェイスブックのセキュリティの基本を習っちゃいます。

最後にフェイスブックのイベントの運用の仕方でしょうか。
どうなるか、事後には、そのレポートをしますね(^^)



  


  • 2013年09月11日

    シニアの元気発掘「ききがきさん」養成始まる

    ききがきさん養成講座一日目
    NPO法人シニアSOHO三鷹の「孤立防止ネットワークCB化」事業
    には「元気シニア講座」とともに、「ききがきさん」事業があります。
    引きこもりがちの独居高齢者に、お話を聞貸せてもらい、その人の
    元気の元を発掘するのです。

    直接的に言うと「講師をする人」「講座を受講する人」発掘をします。
    そのための考え方、技法を学ぶ講座を開催しました。
    3日間講座で、講師はこの世界の第一人者・松本すみ子さん。
    「NPOシニアワークスRyoma21」で『聞き書きすと』養成をしている
    方です。
    この活動で使用される
    デジタル小型録音機。
    ペンのように小さい物です。

    隣り合った人同士で、話を
    聞きあい、録音します。

    第2日は、その書き出しと編
    集を学びます。
    受講生は15人。
    お話をする「おあはなしさん」は、現在募集中で、30人の独居の方々を
    予定しています、

    この新しい取り組みがどのように展開するか、わくわくします。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 15:37Comments(0)一歩塾からのお知らせ超高齢社会対応

    2013年09月04日

    三鷹情報>こんな扉の中で、誰かに偶然出会う

    三鷹LISBONJR駅南口
    すぐの十字路の地下
    旧えぐちラーメン向い

    昔ながらの純喫茶
    音楽は無く、パン系の
    「バスケット」などが
    美味しい店です。

    新聞は大手全部
    スポーツ紙多数
    ゆっくり読めます。

    大人の休憩室。
    LISBON

    こんなところで、



    何かを変えようとする時に、誰かに出会いが
    あるのかもしれません。

    リスボン入り口今日は8年ぶり
    くらいのお二人と
    ここで遭遇しました。
    大変お世話になった
    方なのに、お付合い
    が無かったのです。
    珍しい偶然でした。

    外は、お湯のシャワー
    を浴びるような霧雨。
    カンカン照り中の雨。

    なにかあるのかな。

    さあ、仕事を片付け
    なければ!  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 18:51Comments(0)一歩塾からのお知らせ

    2013年09月04日

    桶川市の公開講座で7日午後講師します

    埼玉県・桶川市主催の講座で、7日に講師します。

    こんな感じのお話を、今準備してます。
    桶川市、市民公開講座講義
    無償のボランティアではなく、継続が可能なビジネス方の
    活動をシニアこそすべきと考え方と、良い事例をご紹介
    します。

    桶川市訪問は初めてです。
    市民活動を考える皆さんと会えるのを楽しみにしています。

    公開講座なので、誰でも参加できるとのことです。
    市の広報(9月号14ページ)に案内があります。
    見れますので、次をクリックしてください。
    http://www.city.okegawa.lg.jp/shisei/51/230/382/p001505_d/fil/No948P12-19.pdf
    この案内に私の肩書きが「好例ビジネス 世話人」となって
    ますが、意味不明です。好例ではなく「好齢ビジネス」です
    のでよろしくです(^^)

    「好齢者」。いい響きでしょう!そういう人が増える活動をし
    たいのです。

    近郊の皆様の参加をお奨めします。  


  • 2013年09月03日

    持続する地域活動に専門家を生かすプロボノの話

    荒川を見下ろす足立区の「学びピア」で講演をしました。
    北千住側から足立区役所の方向を見た夏の風景です。
    学びピアから荒川北岸を見る

    足立区主催の地域活動を始めた人たち向けの講座。
    「プロボノ講座」と名づけて、私(すこや)が、NPO側で
    プロボノをどう受け入れるかの事例紹介をしました。

    来週第2回に、プロフェッショナルが地域活動応援の
    話をすることになっています。
    「あまりプロボノって、考えてないなあ」と思っていまし
    たが、話の内容を考えてきると・・・
    いろいろ思いました。

    NPOの活動が成功した背景には、メンバーの中に
    優れた(飛び抜けた)プロフェッショナルが居たことは
    事実。
    それって、メンバーながら「プロボノだったのではない
    か」、そう思うとまさにそうでした。
    プロボノ講座パワポ
    そんな事例を、NPOの面白いエピソードに満ちた真
    剣に取り組んだ過程を、4事例お話しました。
    そして、専門家が参加したNPOの活動のほうで、私
    たちは「自分の専門」をどう作ったらいいか、それを
    お話しました。

    30人の人たちが、眼を輝かせて聞いてくれて、質問
    も沢山でました。

    プロボノの話よりも、皆さんはNPOの運営に関心が
    あるようでした。それでいいのだと思います。

    帰りに、コミュニティ
    カフェを作ろうとして
    いる女性、会社をリタ
    イヤした男性チームに
    一緒しました。
    一度、交流しようかの
    話が出ました。

    どんどんこういう人たちが
    増えているのですね。  


  • 2013年09月02日

    達人倶楽部祭(川崎市)で交流できました

    8月31日、初めてJR川崎駅前にある商工会議所に行きました。
    そこの会議室で、「達人倶楽部祭」が開催され、その講演会で
    話をさせてもらいました。
    達人倶楽部祭り講演会の熱心な聴衆
    60人のシニアが集まり、達人倶楽部参加団体が展示を行い、
    隣室の講演会場は熱心なシニアで埋まりました。

    演題は「60歳からは地域の志事でやりがい。自分らしく輝く!
    ~地域で日本を変える シニアの志事力 5ヶ条~」
    約1時間お話をしました。

    終わってからの交流会で
    ・いろいろやっているんですね。
    ・有償の活動をしたいのだが、なかなか進まない。
    ・講演のパワーポイント資料をください。
    などの意見が出ました。

    達人倶楽部の活動は、ノウハウのあるシニアが、それを生かして
    地域に貢献する趣旨の団体です。川崎市役所の産業部がバック
    アップして運営され、素晴らしい活動を展開しています。
    かなり盛んですが、私は次のようになるといいな、と感じました。

    1)方向性は「コミュニティビジネス」だが、それを打ち出していない。
      間口を広げていると思うが、ノウハウの蓄積や、全国のノウハ
      ウの移転や九州が出来てにくいと思います。
      名称は達人倶楽部でも、CBの推進と歩調を合わせるとよい。
    2)起業してゆくのを「成果」とすること。すると金融機関や国の政策
      とのマッチングがおこって良いと考えます。
    3)専修大学などにCBの推進活動があるので、連携するなど全市
      的な横のネットワークを組むと良いのでは。
    4)メンバーが活用するICTネットワークがで見えるかを図ると良い。
      特にシニアに対してICTスキル向上に取り組むと良いと思う。

    主管の川崎市産業部に多摩CBネットワークとの連携を提案してみ
    たいと思います。
      


  • 2013年08月30日

    まだ一日が終わらない、多忙な一日。

    VoViTを見る講師の方々
    まあ、多忙な日が続きます。
    まだ今日が終わりません。明日朝の朝会まで続くのです。

    2013年8月30日(金)は、ちょっと朝のうちまどろんだらご飯を
    胃袋にかき込み後片付け、チャリンコで市民協働センターへ。

    三鷹へ始めてお出でになった久保田さんが自己紹介をしている。
    シニアSOHO三鷹のWAM助成「孤立防止ネットのCB化事業」
    の講師の打合せです。

    薬膳料理、太極拳、語り部、防災講座、墓参代行、ブログ講座、
    と言う多彩かつ興味深い、シニア関連の講座の講師ジンを集め
    て、ネット活用のテレビ電話活用レッスンの検討会議です。

    iPad,VoViTが並べられ、接続して画面共有での使い方などを
    ITスキルの様々なレベルの人たちが次第にその気になります。
    盛り上がったところで、宿題を渡して解散。

    引き続き、事務局メンバーは昼食後に、WAMへの最終予算検
    討と、事務局の担当分野調整の打合せ。きつい日程に感じます。

    午後の後半は、産業プラザに移動して、某調査企業による、電
    子出版に関するグループインタビューに参加。私(すこや)が
    この数年、ブログ発信講座で教えたブロガーのシニア男女3人
    がインタビューを受けました。

    終わって、夕方から小平市の「ハタラボ」開店交流会に参加し
    ました。

    竹内千寿恵代表によるスピーチがあり、交流会になりました。
    沢山の人と名刺交換も意見交換も出来ました。
    小平市の助成事業に応募してCB起業講座を展開する拠点が
    商店街の一角に出来たのです。

    夜遅く、三鷹市の事務所に戻り、明日と明後日に講師参加する
    資料を作成しています。
    まだ、今日が31日の朝まで終わらないのです。

    こういう状況が9月いっぱいは続きます。
    焦らない気力、笑顔が一番大事。
      


  • 2013年08月29日

    好齢者のビジネスが盛ん>日経新聞に記事が

    シニアsohoホームページヘッダー
    NPO法人シニアSOHO三鷹のホームページがリニューアルされました。
    そのヘッダ-が上の写真です。

    しばらく見てなかったら、日経新聞に活動が紹介されているんですね。
    一月ほど前ですが、7月29日の朝刊に、

    シニアが拓く~地域を支える「働く場をつくる」

    の記事でした。高齢者が働き方の変化に合わせて
    仕事をつくっている事例が4つ紹介されています。

    まさに「好齢活動」と言えるでしょう。(以下紹介します)

    1)沖縄県中部の「恩納村漁協」。80歳の山城武光さん。
      海ぶどうの収穫を毎日6時間しています。
      60歳以上の130人が一人平均300万円の収入になります。

    2)徳島県上勝町「葉っぱビジネス」の農家。75歳の西影幸代さん。
      IT機器を操作し注文受けた葉っぱを収穫し「いろどり」㈱に納入。
      70歳平均の農家が200件でやっています。

    3)三鷹市の「NPO法人シニアSOHO」63歳久保律子代表理事が語ります。
      65歳平均の企業を退職したシニア140人が地域の情報化サービスに
      活躍しています。

    4)宮崎県門川町の「日向屋」50歳の請関伸社長が語します。
      60歳以上の70人が「肉巻きおにぎり」の製造、全国販売に従事。

    地域の課題解決ビジネスを継続しています。
    好齢者のビジネスは、各地で盛んですね。

    記事のPDFはこちらをご覧ください。
    http://www.svsoho.gr.jp/wp/wp-content/uploads/2013/07/130729-nikkei1.pdf
      


  • 2013年08月27日

    ICT活用の孤立防止ネットCB化事業>実行委開催

    2013WAM事業第一回実行委
    所属しているNPO法人シニアSOHO三鷹が、今年度実施事業の
    第一回実行委員会が開催されました。
    いよいよ、事業が始まるかと思うと、緊張感が走ります。

    「ICT活用の孤立防止ネットCB化事業」です。

    独居などの高齢者が、地域で孤立せず結びついて生活するのを
    推進するため、
    ★「いきがい」を高齢者から聞き取る「ききがきさん」の活動
    ★「誰かに教えて役立つ」講師によるTV電話での1対1レッスン
    を進めます。
    ★その過程でビジネス化要件を検討し、次年度事業化を図ります。

    孤立しそうな高齢者の方々の元気を発掘してつく活動に連携する
    5つの団体の委員が出席しました。
    ・NPO法人グレースケア機構
    ・三鷹駅前地区地域包括支援センター
    ・きらっとシニアクラブ
    ・NPO法人日本アクティブシニアクラブ
    ・一般社団法人シニア社会学会
    それにシニアSOHO三鷹の代表と事務局3人。
    2013WAM事業構成図
    事業全体の概要と関連団体の役割を議論しました。
    ・30日に7つの予定された1対1レッスンの講師会議。
    ・9月10日からは「ききがきさん」のスキル講習会。
    ・10月から「ききがきさん」15人が30人の高齢者にお話を聞きます。
    ・同じく10月から1対1レッスンが始まります。
    ・来年3月には事業報告会を予定します。

    私(すこや)は、この事業の事務局に一人として、講座の講師として
    働くので、いよいよ忙しくなります。

    このブログでも、業務の進展をお知らせしてゆきます。
    関心ある方はご議論ください。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 04:04Comments(0)一歩塾からのお知らせ

    2013年08月16日

    8月31日川崎・達人倶楽部祭り>地域で活躍めざすシニアが集合



    「65歳からは、地域で志事!」というセミナー講師をいたします。
    これまでのシニア像、セカンドライフのあり方。発想の転換を
    図りたい。
    ★エンディングを遺族に伝えるノートじゃない。自分の生き方計画だ!
    ★過去の棚卸しではない、これからの自分磨きする!
    ★生きがい健康で個人にこもらず、地域に喜ばれる活動を!

    こんな事例が一杯ある話で「私(すこや)の10ヶ条」を発信していたら
    川崎市からお声がかかった。
    31日午後、楽しみに元気なシニアと「3ガイ主義」を議論しに行く。

    そうしたらなんと、私と並んでワークショップするのが、歌で町を元気に
    する達人・牧野俊浩さん
    ではないですか。
    これは面白いことになる。

    川崎は音楽のまちとか。町の仕事を市民が作るコミュニティビジネスの
    秘訣の話と、声磨き・セラピーのワークショップが「やるっきゃない」状況
    を作り出す・・・・

    楽しい、達人祭りになります。
    牧野さん、参加の皆さん、よろしくです。

    参加要領はここ
    チラシをご覧になり、川崎周辺の「やる気の」シニアはお集まりください。
    http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000050349.html

      


  • 2013年08月16日

    9月の予定(20日)CB講座>「ハタラボ」で入門講座

    ハタラボのロゴ「シニアの地域参加を指南」の活動
    をしている私(すこや)の9月は、
    どうしょうもない多忙になります。
    この月になぜ集中するのか。

    理由があります。


    さまざまに前向きなことを企てているグループが今年度の予算を獲得
    して、新機軸の講座を開設することが多いのです。
    ちょうど、9月はそういうものの開設の時期になります。

    それで、私が呼ばれて「事例紹介」や「考え方」をお話したり、議論した
    り・・・

    ご案内の第一弾は、小平市の「Mystyleこだいら」主催の「ハタラボ」
    「コミュニティビジネス入門講座」

    ここで、9月20日(金)19時から21時半。私は事例紹介します。
    「地域で信頼され継続する活動をするには」をお話します。

    この「ハタラボ」は、NPO法人が小平市のCB推進の助成金を得て商
    店街の中に、新たに研修所を設けて、講座、相談、交流の活動をはじ
    めるものと聞いています。

    町の仕事を作り出す、町の行政とそれに提案する市民たち。
    すごいですね。
    そこに関われること、嬉しいです。

    皆様、若きもシニアも、参加要領を見て、ご参加ください。  


  • 2013年07月30日

    じいちゃんたちの工作遊び>三鷹森の楽校で交流

    oさんの「がりがりトンボ工作」の紹介福島の子どもたちを2週間三鷹で
    のびのび過ごさせるプロジェクト。
    三鷹森の楽校」第4日目午後。

    どこ竹武蔵野三鷹の爺ちゃんメン
    バー4人が、好きな工作を見せて、
    子供たちに関心を持たせると言う
    ”ゆるい”企画。

    昨年に、続いて次の工作交流ができた。
    竹とんぼ製作、うぐいす笛作り、がりがりトンボ、小刀で竹のお箸作り。
    21人の子どもたちに加え、サポートしているコーディネーターのメンバ
    ーも参加。

    写真は、仲間のOさんが「面白いよ」といって工作を説明している。
    合計39人がモノ作りした。単に「遊ばせてあげる」活動ではなく、楽し
    む年寄りと子供の会話ができることが狙いだ。工作物や道具がその
    媒介になる。

    竹のお箸は、孟宗竹を切り出しで削る。
    切り出し小刀で、怪我しないで使う方法を伝える。1時間半格闘し続け
    た子ども4人には認定証を上げる。

    自分でいろいろ工夫して小刀を使う子であって欲しいのだ。認定証に
    で褒めるに値することだと思う。

    あきゅらいず美養品スタッフの熱心な活躍でこのプロジェクトが動く。
    8月5日にまた、このフォロー的な続きをする。楽しみだ。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 19:43Comments(0)一歩塾からのお知らせ超高齢社会対応

    2013年07月29日

    シニア向けICT教室>取材対応しました

    シニア向けICT教室取材風景三鷹産業プラザにある、市民向けの
    「ひと味ちがうパソコン教室」の科目
    ”ウィンドウズ まるごと基礎講座”
    は、とても人気があります。

    ある団体が、取材に来ました。
    情報社会にどう対応するか、の学習
    教材をインターネットで配布する狙い。

    その事例として「高齢者がICTを学ぶ」様子を、プロのインタビュアーと
    カメラマンが来て収録しました。
    サクラの受講生ではなく本物のシニアは、取材があると先日告げられ
    て、「ヤダー!欠席する」と言ってたので、本当に来ないかと、講師陣
    はヒヤヒヤでした。来て良かったです(^^;

    この教室の仕組みは年間500回は行われ、3500人は有償で教えてい
    る教室です。それで、全国のモデルとして紹介されることになったので
    すが、運営するNPOシニアSOHO三鷹の代表・久保律子さんは、
    インタビューに答えて
    「もっと幅広い分野にシニアの活躍の場を作って行きたい」と意欲的な
    発言をしました。

    この収録は今年度中にはネット放映されると言うことです。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 19:49Comments(0)一歩塾からのお知らせ超高齢社会対応

    2013年07月08日

    パソコン入門を丸ごと教える講師陣(2)>訪問サポート

    シニアSOHO三鷹では、左写真の様
    な教室で集団で教えるだけではな
    くて、個人的な要望に応じて、
    一人だけに教えたり、自宅まで行っ
    て、訪問サポートするサービス
    しています。

    そんな利用のお奨めをして、喜んで
    頂いた事例が、何度もあります。

    最近の例ですが、
    私の会社時代からのお付き合いをしている喜寿の男性。
    文化人で、ボーイソプラノ。合唱団の活動から、個人で倶楽部で歌って
    喜ばれる活動が今は、楽しみだとのこと。

    好きでやっているだけだったが、最近考えが変わり、こうした喜んで
    貰うと言う活動を仲間とちゃんとやって、活動費も稼げるし、後輩の
    参加もふやし、街で音楽の楽しみをもっと増やすようにしっかりさせたい。

    それで、歌詞の印刷配布や会場での見せ方をパワーポイントでキチンと
    させたい。
    「パワーポイントを学ばなければ」という相談がありました。
    早速シニアSOHOの訪問サポートの、あるいは個人レッスンの出番です。

    価格体系もできているし、そういうことに、直ちに対応できる講師陣が
    揃っています。

    ある程度、初心者を過ぎてパソコンを活用している人が、ちょっとレベル
    上げる、あるいは使い方が判らなくなった、具合が悪くなった・・などの
    相談が、年に数件は私にあります。

    こうした「街に頼れる、お援けチームがある」ことは、有難いです。
    住み心地の良いまち、ということになります。
    また、その出動するパソコン先生のシニアも、喜ばれて仕事する
    「やりがい」を得ます。

    こういうこと、長続きして欲しいです。




      


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 21:46Comments(0)一歩塾からのお知らせ

    2013年07月08日

    パソコン入門を丸ごと教える講師陣(1)>シニアSOHO


    三鷹産業プラザ1階にある、シニアSOHOのパソコン教室。
    毎月20種類くらいの科目が行われていますが、この日は
    「まる基礎」という科目。

    3人の60代女性が学んでいました。先生は60代~80代の
    男性。学習しているのは、マウス・キーボードからWindows
    の操作殻始まって、メール、Word,Excelまで、8日間を2ケ
    月で習得します。

    つまり、全くのゼロから始まって、いろいろなことができる
    初歩を習得します。
    こういう教室が、常設されているところは、実はあまりないの
    です。こういう丁寧なペースで、シニアに教える講師陣が揃
    っているところが少ないのです。

    パソコンやICTの進化が激しいので、講師はWindows7から
    Windows8に、学習体制を変える必要があります。パソコン
    からタブレットに利用者が変わりますし、それも教えられなけ
    ればなりません。

    運営団体のNPO法人シニアSOHO三鷹は、名付けて「一味
    違うパソコン教室」と言っています。

    こういうのが町にあるって良いな。と、案内すると人は言います。
    その通りですね。これが続くこと願っています。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 21:03Comments(0)一歩塾からのお知らせ

    2013年06月19日

    三鷹情報>チャペル、図書館。初めての異空間を歩く


    初めて三鷹にお出でになった知人のTさんが、行きたいところ
    があるというので、調べて驚きました。

    三鷹の西側にあるルーテル神学大学です。
    大変著名な建築家によるTrinity(三位一体)ホール(上写真)が
    あって、そこが一般に見学が許されているのでした。
    ゆったりした出会ったことのないような空間でした。

    普段見慣れない敬虔な
    祈りの場。
    チャペル













    創業者の博士の遺品などを
    置いてあるブラウンホール。
    見事な緑の中に静まり返っ
    ています。

    ごく少数の学生数で勉学を
    励ませる仕組みがあるように
    感じました。
    良いなあ、この空間。




    そして、最寄駅の武蔵境駅前。武蔵野市になりますが、市立
    図書館。そこも「異空間」です。















    図書館なのに、パフォーマンスを練習する鏡部屋があります。
    図書館なのに、飲み会を10時まで出来ます(カフェ・フェルマ―タ)
    人気の和風ホットケーキを頂きながらハイボールでした。

    やはり、三鷹のWestSideは、異空間に満ちています。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 15:07Comments(0)一歩塾からのお知らせ

    2013年06月07日

    朝日朝刊にちょこっと出てます>32面生活欄・55プラス

    ブログを始める(1)
    ~自分発信で世界広がる~

    取材受けてまして、
    今朝の朝刊になりました。

    私はちょこっとですが、
    お仲間の宮崎紀代さん(日野市)
    が詳しく出ていて良かったです。

    「自分発信」というタイトルに
    我が意を得たりな感じです。

    http://digital.asahi.com/articles/TKY201306060569.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201306060569
    さて、また講座を始めよう・・・・と、思ってます。

    ブログは、じつは人口当たり、日本人が世界最大の活用民族なのです。
    みなさん、おやりあそばせ(^^)  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 09:07Comments(5)一歩塾からのお知らせ

    2013年05月27日

    すこやのブログ作法>取材されました

    某新聞社の記者から取材されました。
    「ブログをどう活用しているが」
    事例を紹介して欲しいというもの
    でした。
    文化欄で数回の連続に書くらしい。

    「その記事には、参考になりませ
    んよ、私はブログに意味があると
    は思っていない。ただ、シニアが
    CBを推進するのにツールとして
    使っている」
    とお断りしたのですが、




    「自分の日記を書くのとは違うけれど一つの活用だから」取材したい
    となり、お出でになりました。
    私が、この3年やっている、地域と私・始めの一歩塾の講座の狙い、
    実際、成果をお話ししました。

    記者さんには、初めての事だらけだったようです。
    ★「コミュニティビジネス」はなにかをあまり知らず。
    ★地域活動で「自分発信の重要性」、「3ガイ主義」は初めて
    ★「地域SNSのコミュニティ」、「ブログ村」も初めて
    でした。

    取材は、地域活動とICTの活用の関係のいろいろな実際の質問が
    多くなりました。
    それで「代表的な一歩塾の受講者」のブロガーを取材したいとなり、
    シニアの知人を一人ご紹介しました。

    私自身の地域活動と情報発信は、次の様に進化してきました。

    1987年~1995年 パソコン通信のSIG(興味テーマのML)
    1996年~2000年 ホームページによる広報とファンクラブ
    2001年~2003年 メーリングリストでNPO会員の暗黙知共有
    2004年~2008年 ブログで竹とんぼ講師活動を広報
    2009年~2011年 始めの一歩塾で自分発信とSNS活用講座
    2012年~      フェイスブックページとブログ発信の連携
    と、様々になります。
    活動が変わるからツールも変わるのです。

    昨年度、私の年間の情報発信は、
    ★堀池喜一郎が何を目標にしているかのLivedoorブログ
     http://blog.livedoor.jp/sukoya2008/
    ★始めの一歩塾&三鷹ブログ村(この、たまりばブログ)
    http://infoippo.tamaliber.jp/

    ブログ(2つのサイト)とfacebookページで、1000件記事を書き、
    facebookでは友達が750人居て、毎日のアクセス数 200人。
    年間に読まれたページ数は、72,000ページビューでした。

    加えて、無償ボランティアですが、多摩CBネットワークの世話人
    をしている会のフェイスブックグループで発信しています。

    こうして活動を明確にして発信しているためと思いますが、企業
    や研究機関のプロジェクト(国の助成事業など)に参加を求めら
    れ、6件に参加をさせて頂きました。

    今回の取材で、こんなことは書かれません。
    記者さんの関心は、あくまで「ブログが主語」で記事にするようです。
    私は、視点が違います。人が何をするのか、それが面白いので
    はないかしら。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 02:57Comments(0)一歩塾からのお知らせ

    2013年05月24日

    ブログ通信簿。そろって高得点!


    今日のブログ通信簿。23日までの10件のブログの傾向を
    点数付けてくれる。gooブログが、遊びでやっているサービス。

    左:すこやの工作室日記(livedoorブログ)
    右:始めの一歩塾&三鷹ブログ村(たまりばブログ)
    私(すこや)が書いている2つのブログ。

    20点満点で、いつも10点前後なのに、今日は両方が15点越えしました。

    16点のすこや記事はこれまでの最高点。
    今回、両方とも良いのは、「主張度」「気楽度」が5点近い。
    普段は、この両科目はそれぞれ、2点前後だったのです。

    何が改善された、と判断されたのかなあ。

    はぁ?と思うのが、このブログ記事の読者層の解析でした。
    左が男44歳、右が女52歳!!!
    「である調」「ですます調」に書きわけているからか・・・かな?
    まあ、遊びですので、気にしません。

    このサービス皆さんも、息抜きにお試しあれ~  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 11:51Comments(0)一歩塾からのお知らせ

    2013年05月10日

    三鷹情報・連休写真2>泊りトンボを作った

    三鷹市民には、少し知られている「どこ竹武蔵野三鷹」の活動があります。

    「どこでも竹とんぼ教室を!」という願いで、全国に沢山の竹とんぼ工作を
    楽しむ人を増やそうと言う活動です。

    まず、子供に楽しく教える講習会の講師になる養成講座を受講します。
    それで認定を受けると、各地で人を集めて講師ができます。

    講師ができることは、
    ★子供が自分で楽しく竹トンボを作り遊べるようにする
    ★安全に工作する方法を学ばせる
    ★講師自身が「楽しそう!」に工作遊びする姿を見せる
    だと思います。

    その講師が武蔵野市、三鷹市に35人居て、月例の自由工作日にあつまり、
    学校や公園などで講習をします。毎年、年間で30回くらい開催し1000人の
    子供や大人と工作の交流をしています。

    私(すこや)は、仲間の協力を得て、この活動を岩手県大船渡市の末崎
    (まっさき)公民館に伝えました
    。1月に数人の認定講師ができました。
    明日11日は、その公民館で現地の例会があり参加します。

    そこで、私は「泊りトンボ」の工作勉強会をしようと作品制作とテキスト
    作成を
    連休中にしました。連休は、こういうことができるので嬉しいですね。

    写真ですが、上のトンボは森田勝さん(どこ竹武蔵野三鷹の仲間で、私の
    師匠・木工の名人です)の作品。それを私が真似して作ったのが下です。
    優雅ですね、と自画自賛してます。

    連休の思い出です。  


  • Posted by 一歩塾&ブログ村  at 11:53Comments(0)一歩塾からのお知らせ